月刊モデルグラフィックス5月号(2020年)一気読み

モデルグラフィックス2020年の5月号一気読みです。

今月はモデグラは『情景模型には模型に大切なすべてのことが詰まっているんだよ』となっています。サブタイトルとして~ダイオラマの達人に学ぶ、逆引きテクニック~と情景模型のテクニック特集となっています。

巻頭特集『 情景模型には模型に大切なすべてのことが詰まっているんだよ 』

テクニック系の特集です、草、水、泥、雪、光、波、砂と各ジャンルから逆引きが出来るような構成となっています。

どれも情景模型では定番ですが、いざやってみようかと思ってもどこから手を付けていいの分からないってのもあり、初めて取り組みには意外と敷居が高い分野でもあります。

今回はダイオラマの設計方法から使用マテリアル、仕上げ方法にいたるまで解説されています。

個人的にはWRCのST185セリカ(モノクロページなのが残念)や、ナウシカのガンシップがグッときました。

艦船キットなどは大規模なものではなく、置台程度の大きさでも下に波があるだけでも変わってくるなと思います。

キャラクターモデル

ガンダムからはモデグラお得意の忘れた頃にキットレビューで、「HGガンダムサンドロック」と「MGガナーザクウォーリアー(ルナマリア機)」、「SDクロスシルエットのシャアザク」となっています。

サンドロックは細かいながらも全体的に手を入れてベストプロポーションを狙った内容になっています。(マグアナックもちらっと紹介)

ザクウォーリアー はアレンジ部分を抑えめにした、より量産機っぽい方向で作成した内容になっています。

クロスシルエットのシャアザクは本気で作り込むをテーマにフレームから見なおした作例となっています。

ガンダム以外では、スーパーミニプラの「コンバトラーV」、各所にネオジム磁石を埋め込み文字通り超電磁ロボとなっている作例が紹介されています。顔(特に目か)のイメージが若干記憶の中の物と違う気がするのは気のせいか…

スターウォーズから1/12のカイロレン、ファーストオーダーストームトルーパー、INFINITY Ver.のHGマジンカイザーなどとなっています。マジンカイザーは電飾で光っております。

スケールモデル

青島の1/24スタリオンGr.A使用、1/32造形村の「Hs129 B-2/RⅢ」、駄っ作機特集でウクライナ(!)のモデルズヴィートの1/48「カーチス XP-55 アセンダー」、Aモデル1/72「トマシェビッチ ペガサス双発攻撃機」、普通に戻ってトランぺッター1/72「Mig-31 BMフォックスハウンド」と航空機が続きます。

AFVはタミヤの新製品MMシリーズの「ルノーR35」、艦船はピットロードの新金型1/700「陽炎」といった内容となっています。

ニューカマー

気になったところは3月下旬発売の1/20の機動歩兵でしょうか。

まとめ&来月の予告

いつからジオラマではなくダイオラマと言うようになったかはわかりませんが、多彩なジャンルのダイオラマの入門教科書といった内容になっております。

個人的には小中学生の頃依頼ダイオラマは手を付けておりませんが(完成後の置き場所と、製作時間の問題)、模型単体にも使えそうなテクニックもございます(塗装、汚し、ポージングなど)。スケールモデルに限らずですが、同スケールの人が一緒になるだけで説得力増すんですよね。

来月は「この夏、飛行機模型を作るなら。」と題して、続編公開が発表されていますトップガンより、F/A-18Eスーパーホーネットの特集です。(映画もキットも楽しみ 中学生くらいの時にスーパーが付く前のホーネット作ったなー)

以上、月刊モデルグラフィックス5月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください