レビューNO:番外編

月刊モデルグラフィックス7月号(2021年)一気読み

モデルグラフィックス2021年の7月号一気読みです。

今月は「クルマ模型ってめんどくさい!」2 デカール攻略大作戦とクルマ模型のデカール貼り特集です。

巻頭特集『「クルマ模型ってめんどくさい!」2 デカール攻略大作戦』

「クルマ模型ってめんどくさい!」の第二弾、デカールの貼り方大特集です。

デカールの予備知識から始まり、タミヤの1/24「メルセデス AMG GT3」+「グットスマイル初音ミク AMG 2017 SuperGT Ver. 1/24用」を使用して巻頭特集40ページを使用して完成させていきます。

デカール貼り付け時のテクニックが満載です。研ぎ出し方法や、リカバリー方法まで、レーシングモデル作る以上避けては通れぬデカール攻略を懇切丁寧に教えてもらえる内容となっています。カーモデルだけではなく、全面デカールの航空機などにも応用できる内容となっています。

キャラクターモデル

モデグラとしては珍しく(?)出たてのHGUC「Ξガンダム」、肩のフライトユニットの色分けだけならすぐに取り入れられそうな内容です。更にもう一つMGから「ガンダムF90Ⅱ Iタイプ」、各ミッションパックも装着可能なのにF90の陰に隠れてイマイチ知名度が低い印象ですがF91の意匠も見られ結構カッコいいと思うんですけどね、ミッションパックの商品写真がみんなF90で撮影されているのが原因でしょうか。

再生産キットレビューということで、青島のヴァリアブルファイターガールズから「V.G.F マクロスF VF-25G スーパーメサイアクラン・クラン」、グットスマイルカンパニーのMODEROIDからは「イカルガ」となっています。

スケールモデル

シグルドリーヴァから「P-51マスタング」を95年発売のタミヤ製1/48と19年発売のエデュアルド製1/48で作り比べをしています。AFVはホビーボスの1/35「イギリス ジャッカル1 高機動装甲車」、艦船はピットロードの1/700「アメリカ海軍 空母 CV-8 ホーネット」、そしてまだまだ祭りは終わらないタミヤの1/48「マクダネル・ダグラス F-4B ファントムⅡ」、ミニディオラマでモンモデルの1/32「フォッカー Dr.1 戦闘機」と続いております。

 

ニューカマー

作例はありませんが、「HGバーザム、再起動」と題して7月にプレバン発送予定のA.O.Z版のバーザムを掘り下げてます。バーザムA.O.Z版の立ち位置がよくわかります。

まとめ&来月の予告

いや~見事なまでのデカール特集、いまだかつてデカールにここまでページを割いた特集があっただろうかと感嘆します。全面デカールのキットを久々に作ってみたい誘惑にかられる内容となってます(確かWRCマシンが1台くらいあったはず)。

最近はやりの車や飛行機の美少女キャラ全面デカールキットを作成するなら、必ず読んでおきたい1冊でした。

来月は「ぷらもしょうじょ」ということで、俺はあんまり関係ないかな。

以上、月刊モデルグラフィックス7月(2021年)でした。

1 thought on “月刊モデルグラフィックス7月号(2021年)一気読み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください