レビューNO:077

HGCE ウィンダム レビュー

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する連合軍の量産型MS「HG ウインダム」をレビューしていきます。

GATシリーズの量産機として、ダガーLの後継機といった立ち位置のMSです。

ストライク系統の最新量産機として、背部にストライカーパックを装着する事が可能な機体となっています。

キットは完全新規で立体化され、背部には他のHGCEシリーズとも共有できる「ジェットストライカー」を装備しています。

関節には「FINE BUILD構造」が採用されており、組み易さと可動の両立を目指したキットとなっています。

既にレビュー済みのダガーL(商品の発売はこちらが後)とも比較しながら、見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

素材は全てPS素材で表記もサーベルとポリキャップ以外は「HG 1/144 ウインダム」となっています。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

ストライカーパック

武装

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HGCE 1/144 ウィンダム」をレビューしてきました。

最近の低価格HGで採用されている、「FINE BUILD構造」のキットとなっています。

部品点数を抑えることにより、価格の高騰を防いだり、初心者にも組立易い設計であることは理解しております。

ただ、後発のダガーLが、なかなかにいい出来のキットだっただけに、ウインダムも FINE BUILD にこだわらずに、ある程度のクオリティを保った商品として、発売してほしかったというのが正直な感想です。

特に頭部のバイザー部はクリアーパーツを使用してほしかった。

HGのウイング系キットも同様ですが、パチンとはめ込むだけの関節(以下、関節パチン)は将来的な保持力は不安にいなりますし(KPSとPSの組合せというのもあるし)、カバーパーツでうまく隠してはおりますが、何となく安っぽさ感があるな~と個人的には感じております。

あと、手首関節の保持力も弱めで、ライフル持たせるとキープできない場合があります、これも手首の接続部にフレームがない弊害かと思われます。

ただ、全体的な造形は良好で、きちんとマスキングして塗り分けて、肉抜き(サイドスラスター裏)も埋めたりで仕上げてあげれば、グッと完成度もあがると思います。

いろいろとトライアルされているこのキット、1,540円(税10%込)という価格で、ジェットストライカーまでついてくるんだから、商品としてはよくできていると思っております。

製品としては少し残念な部分もありますが、そこを何とかするのが製作主の腕の見せ所ということで、作る人のレベルでいかようにもなるキットだと思いました。

以上、「HGCE 1/144 ウインダム」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 確かに部品点数は少なくて組立易い(が…)
  2. ジェットストライカーパックの出来がよい
  3. 量産機を低価格で提供いただけるのはよい

キットの残念ポイント

  1. FINE BUILD構造の弊害で、バイザーや関節部など全体的に安っぽい印象
  2. ライフルの重さに耐えられない手首
  3. 全塗装しようと思ったら結構マスキングが大変
  • 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 型式:GAT-04
  • 名称:ウインダム
  • 搭乗者:連合軍一般兵
  • 所属:地球連合軍
  • 商品価格:1,540円(税10%込)
  • 発売:2020年05月23日
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください