レビューNO:093

MG ガンダムRX-78GP01 ゼフィランサス レビュー

今回は「MG 1/100 ガンダムRX-78GP01」をレビューしていきます。

キットの商品名だと「試作1号機」も「ゼフィランサス」の文字記載なし、確かゼフィランサスって名前は後付けだったような記憶が…(と思っていたら組立説明書は記載があった!)

機体紹介

「機動戦士ガンダム0083」の前半の主役機です。

ファーストガンダムことRX-78をベースに改修・設計変更を行った機体で、設計・製造はアナハイムエレクトロニクス社が担当したものとなっています。

母艦アルビオンがトリントン基地へ入港した際に、試作2号機がジオン残党軍に奪取される事件が勃発、たまたま居合わせたコウ・ウラキ少尉が搭乗、すったもんだはありましたが、そのまま専属パイロットとして認定。

その後、宇宙戦でシーマのゲルググに中破に追い込まれ純然たるゼフィランサスは退場となりますが、フルバーニアンとして復活!物語後半で2号機と相打ちになるまで頑張ります。

ちなみにコードネームのGPは「ガンダム・プロジェクト」の略だそうです(試作〇号機なんで、ガンダム・プロトだと思ってました)。

キット紹介

「MG ガンダムRX-78GP01」は1997年08月発売と、かなり初期のマスターグレードになります。

Ver.2.0にもVer.Kaにもなっていない機体としては最も古いMSになります。

MGシリーズが1995年からスタートし、0083が1991~1992年に制作された映像作品だったため、まだまだ作品熱が冷めておらず、0083に登場するMSは皆かなり早い段階でMGシリーズに名を連ねています。

逆に今となっては、古いMGばかりのシリーズになってしまい、少しもったいない感じです。

そんな四半世紀前のキットを今回は見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ランナー表記は「1/100 ガンダムRX-78GP01」表記 F1ランナーがABS素材、EパーツとポリキャップがPE素材となっています。

各部組立

頭部

胸部

コアブロック(コアファイターⅡ)

コアブロックへの変形

腕部

腰部

足首

脚部

武装

フレーム

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

「MG 1/100 ガンダムRX-78GP01」をレビューしてきました。

まもなく四半世紀経過となるキットですが、(最新キットと並べてはいませんが)立ち姿はそれほど古さを感じることもなく、まだまだいい感じだと思いました。

また、複雑変形のコアファイターⅡや、コアブロックとAパーツ、Bパーツの合体部などSガンダムほどではないですが、当時としてはかなりびっくりレベルの仕上がりだったのではと思います。

しかし、可動部分はちょっと動かすと肩ブロックからすぐ外れる上腕だったり、荷重がかかる大型の関節部も全てポリキャップ頼みのため、常に緩い感じであったりと、ポージングなどにはかなり気を遣う必要があります。

さらに、武器類もハンドパーツの指の保持力だけが頼りなため、ライフルがぐらついたり、サーベルはすぐ落ちてきて長時間保持できなかったりと、なかなかに厄介です。

ただ25年たった今でも、商品としては十分に魅力があり、ただ単純に最新キットと比較して劣っていると簡単に結論を出さずに、発売時期や、年月の経過をも加味して味わうべきキットなのではと思いました。

キットのグッドポイント

  1. なかなかに変形が複雑なコア・ファイターⅡ
  2. バックパックのコアファイターカバーがぴったりはまって気持ちいい
  3. 立ち姿だけなら、まだまだ現役

キットの残念ポイント

  1. 完成したばかりでもヌルっと緩い関節
  2. 一瞬ヒケかと思う、吹けば飛ぶような貧弱モールド、逆に目立つパーティングライン
  3. 差し替え式の胸部インテークパーツや上腕がポロリしやすい

  • 登場作品:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
  • 型式:RX-78GP01
  • 名称:ガンダム1号機
  • 搭乗者:コウ・ウラキ少尉(のちに中尉)
  • 所属:地球連邦軍
  • 商品価格:2,750円(税10%込)
  • 発売:1997年08月01日
  • 積みプラ解消: -8cm(パッケージの高さだけで算出)

1 thought on “MG ガンダムRX-78GP01 ゼフィランサス レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください