レビューNO:066

HGCE ダガーL レビュー

今回はガンダムSEED DESTINYの量産機、「HGCE 1/144 ダガーL」をレビューしていきます。

ストライクガンダムの量産型である、105ダガー(こちらはSEED MSV)の後継機として開発されたのが、このダガーL(LはLightweight clothingで軽装の意味だどうです)。ちなみにこの機体の後継機がウインダムになります。

薄い緑がかったホワイト基調のボディカラーと言い、COSMIC ERAにおけるジム(=量産機)といった立ち位置になります。

最新フォーマットでキット化された量産機の実力を見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ランナーは全てPS素材、全て新規かとおっもいきや、関節部などのCパーツは「ビルドストライクガンダム」との共通ランナーでした。それ以外は「ダガーL」表記となっています。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

武装

余剰パーツ

素組完成

ギミック&可動

アクション

ストライカーパック

塗装

準備中…

比較

まとめ

今回は「HGCE 1/144 ダガーL」を見てきました。

正直、この価格でこの内容は結構なバーゲンプライスではと思うほどの充実したキットとなっておりました。

なにしろ色分け用のシールがなくてもここまでの再現度、また足裏の肉抜きもなく非常に好感の持てる内容となっています。部品点数も程よく、そのまま組んでも満足感の高い1台です。

ウインダムの関節と異なりFINE BUILDではなく、ポリキャップ使用している点も安心感がありました。

単体での完成度が高いので、数揃えるにもいいキットです。3機ぐらい並んでるとグッとかっこいい展示になってくると思います。

封入チラシのオプションパック以外にも、黒いダークダガーLもプレバンですぐ出てきそうですね。

SEED系好きにも、量産機好きにもオススメできる良キットでした、再入荷(発売明けの月曜のヨドバシさんにはもうありませんでした)したらみんなで買おう!

キットのグッドポイント

  1. シール不要の色再現!
  2. 目立つ合わせ目もほとんどない、優秀なパーツ構成
  3. 目立つ肉抜きものなし

キットの残念ポイント

  1. 前腕部のパーティングライン消すのが大変そう(モールドもあるし)
  2. やっぱり平手も欲しい
  3. 取説が小さくなったせいか、写真が少ない(色指定で”武器などライトブルー部”とあるが何処のことか判らん)
  • 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 型式:GAT-02L2
  • 名称:ダガーL
  • 搭乗者:一般兵
  • 所属:地球連合軍
  • 商品価格:1,320円(税10%込)
  • 発売:2021年04月10日
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください