レビューNO:061

MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka レビュー

今回は『MG 1/100 ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka』をレビューしていきます。

TV版終了後に作成されたOVA作品「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」に登場した機体です。筆者などは「ゼロカスタムじゃなかったっけ?」みたいな感じでございますが、現在は「ウイングガンダムゼロEW」で統一されているようです。

一般店頭発売のMGとしてはMGEXも含めると2020年4つ目のキット、ウイングガンダムEWとしてはMGでは2度目の商品化、Ver.Kaブランドで実質の2.0となっております。

残念ながら1.0版は手元にないので、比較はできませんが、完全新作の最新MG Ver.Ka の出来はどのようなものか?といった視点で見ていきたいと思います。

インナーフレームはクリアコートのみ、素組の後、外装は塗装、デカール、クリアコートで仕上げていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

GパーツのみABSとなっております、それ以外はPS&KPS素材です。ABS使用されているのはちょっと驚き。

スタンド付属です。大きさはアクションベース1と一緒ですが、台座のモールドは異なります。

以下作成中…

各部組立

インナーフレームはつや消しクリアコート済みです。ABSのGパーツは水性のプレミアムトップコート、PS素材パーツはMrスーパークリアUV Cutつや消しを使用しています。

頭部

胸部

ランドセル

腕部

腰部

足首

脚部

武装

スタンド

フレーム完成

素組完成

翼なし状態

翼有り

ギミック&可動

アクション

変形

大気圏突入モード

ネオバードモード(大気圏外モード)

ネオバードモード(大気圏内モード)

まとめ

今回は「MG ウイングガンダムゼロEW Ver.Ka」をレビューしてまいりました。

アナザー宇宙世紀の機体は久々のレビューとなります(Gガンダム以来かな)。背中に生えた大きな翼など、UCものではおそらく絶対付かない装備も背負える辺りがアナザー物の魅力の一つだと改めて実感したキットです。

一昔前でしたら、こんなに大きな翼はパーツ数やコスト制約のために若干小振りだったり、目に見える形で残念な部分があったりしていたものですが、時代は変わり、本体とのバランスを取りながら、よりボリューミーにカッコ良く仕上がっております。

また、こんなに大きなパーツを背中に背負っているにもかかわらず、(ポーズには制約ありますが)自立できるところも驚きです。

膝の可動範囲を広げるためのふくらはぎの仕掛けも少ないパーツ数で非常に効果的に行われていたりと、MGシリーズとしてのレベルアップ部分も見ることができ、作成してて、なかなか興味深いキットでした。

新設定のバード形態もあり、ウイングガンダム自体の可能性を広げ、またキットとしてもバリューを高めている点も評価できる好キットだと思います(変形させるかは置いといて)。

ここ最近のVer.KaがMGEXのユニコーンや、ダブルゼータ関連と派手めなものが続いていたので、正直なところ次回作が「ウイングガンダムEW」と聞いた時は、少し物足りなさを感じた部分もありましたが、流石は最新のVer.Kaと感じることができる、シリーズの基本を支えるであろう1台でした。

キットのグッドポイント

  1. 後ろヘビーですが、ぎりぎり自立可能なボディバランス
  2. 膝の屈伸に対する新しい試み
  3. 全体的に組みやすいがしっかり動くパーツ構成

キットの残念ポイント

  1. シールドの取り付けがゆるめ
  2. 同じく前腕のアーマー部がゆるめ
  3. バスターライフルのパーティングラインを消すのが結構大変
  • 登場作品:新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
  • 型式:XXXG-00W0
  • 名称:ウイングガンダムゼロEW
  • 搭乗者:ヒイロ・ユイ
  • 所属:
  • 商品価格:6,050円(税10%込)
  • 発売:2020年11月28日
  • 積みプラ解消: -11cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください