レビューNO:078

HGCE ウィンダム&ダガーL用 拡張セット レビュー

今回は「HG 1/144 ウィンダム&ダガーL用 拡張セット」をレビューしていきます。

既に発売されているHG ダガーLウインダムの装備換装システムに装着可能な「マルチランチャーパック」と「ドッペルホルン連装無反動砲」、手に持たせることができる「Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾」に新規の水転写デカールがセットとなった内容になっています。

量産機に対応した追加武装のセットとなっており、こういった商品は世界観を広げる効果が高いため、大歓迎です。

果たして、長尺で大型なこの装備、製品の出来はいかがな物か見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ランナーは全てPS(部分的にKPSかな)、表記は「HG 1/144 ウインダム拡張」になっています。

各部組立

ドッペルホルン連装無反動砲

マルチランチャーパック

Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾

ギミック&可動

アクション

ドッペルホルン連装無反動砲

マルチランチャーパック

Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾

まとめ

今回は「HG 1/144 ウィンダム&ダガーL用 拡張セット」をレビューしてきました。

ランチャーパックも無反動砲も非常にしっかりできており、武装にありがちな肉抜きもなく、拡張パックと言えども結構気合が入って出来だなと思います。

マルチパックに装着のミサイルの取り出しも取り出し用のギミックがあったり、側面のハッチ内にはきちんとダクトのモールドあったりと、クオリティの高さを随所に見ることができます。

何よりもこんな大きな装備を装着しても、MSが自立できるのが何よりうれしいです。アクションベースありきなではなく、きちんと単体で飾ることができるのがグッとです(場所は取りますが)。

本体よりも高いオプションパーツですが、ダガーL やウインダムお持ちの方にはオススメ商品です。

特にダガーLは単体だと、背中が少し寂しいのでワンセット揃えておいてもいいと思います。

最近、拡張セットに付属することが多い水転写デカールですが、MS本体用の物も付属いているのは非常にありがたいのですが、どうせならキット発売と同時に何らかのアナウンスが欲しいです。

個人的には、どちらのキットも塗装完成前だったので、まだ間に合いますが、完成した後に出てこられてもって、いつも感じます。

以上、 「HG 1/144 ウィンダム&ダガーL用 拡張セット」 のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 肉抜きもなく、しっかりした作り
  2. ゼロではないが合わせ目も極力目立たない構造
  3. 長尺、大型オプションですが、ウインダム、ダガーL共に装着時に自立可能

キットの残念ポイント

  1. キット本体には付属せず、後だしの水転写デカール(無いよりましですが)
  2. MS本体よりも高額な金額設定
  3. 何故か核マークのシール貼り付け指示なし

  • 登場作品:機動戦士 ガンダムSEED DESTINY
  • 型式:-
  • 名称:マルチランチャーパック、ドッペルホルン連装無反動砲、Mk315 スティレット投擲噴進対装甲貫入弾
  • 搭乗者:-
  • 所属:地球連合軍
  • 商品価格:1,650円(税込)
  • 発売:2021年8月発送
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください