レビューNO:番外編

月刊ホビージャパン5月号(2022年)一気読み

月間ホビージャパン5月号(2022)の一気読みレビューです。

今月は「工具・マテリアル 2022」と工具関連の特集2022年版です。


巻頭特集 「工具・マテリアル 2022 プロモデラーもオススメする工具・マテリアルの選び方」

今月は工具関連の最新カタログになっています(おそらく2020年の4月号以来)。

プロモデラーによるアドイス交えながら、ニッパー、ヤスリ、接着剤やパテなど、種類や用途、使い方解説などになっています。

個人的にはガラスヤスリが気になりました。ビームサーベルなどのクリアパーツのパーティングライン消すのに使えると聞くと、かなり興味を惹かれます。

ポリッシャー、超音波カッター、ヒートペンなどもちょっとっ使ってみたいですね。

ガンダム

今月はMGドム&リックドム

ドムは「哀・戦士編」のポスター風の作例になっています。

ククルスドアンの島で盛り上がりかけてるORIGIN版からはORIGINガンダム+ジムインターセプトカスタムのミキシングによるノーマルジム、クレオスから発売された水性カラーのストライクルージュピンクを使用したEGストライクガンダムと、新製品の少なさに比例して、ガンプラコーナーも少ない印象です。凄技テクニックでは素材として旧キット(1/144ザク)を引っ張り出しています。

キャラクターモデル

境界戦機からはHG1/72「ブレイディハウンド(ブラッド専用機)」、プレバン商品になる「ゴースト マークⅡ」、1/72ケンブ使用した「ケンブ(超近接戦闘型)」と外伝となっています。

プレバンキットのHG1/144「ドラグナー1 リフター1装着タイプ」、マックスファクトリーの1/72「ソルティック H8 ランドフィクサー ハングライダー装着タイプ」、サンライズメカニック列伝からは無限のリヴァイスから青島の1/4000「黒のリヴァイス(ラストバージョン)」、ハセガワの1/72「リガード(標準量産型)」、マックスファクトリーPLAMAX「龍神王 アップデートVer.」、Ma.kからはグスタフ改造による「レオパルド」といったラインアップです。

スケールモデル

AFVはディオラマでボーダーモデルの1/35「ドイツⅣ号対空戦車 3.7cm Flak メーベルワーゲン」モンモデルの1/35「イギリス主力戦車チーフテンMk.10」、ズベズタの1/35「アメリカ中戦車 M4A3(76)W シャーマン、航空機からはチェコのメーカーエデュアルドから1/48「零式艦上戦闘機 二一型 トラ、トラ、トラ!」、フライホークの1/72「ダグラス SBD-3 ドーントレス」、艦船はピットロードの1/700「雪風 1945」、カーモデルは田宮から出た1/24新型「スバル BR-Z」&「トヨタ GR 86」となっております。

まとめ

2年一度程度の頻度でアップデートされる今回の工具・マテリアル企画。

普段使用している道具類はそれほど頻繁に更新はしておりませんが、作業効率が一気によくなることもありますので、気になるものは積極的に(お金の許す範囲で)取り入れていきたいですね。

来月は「ブラック★ロックシューター DAWN FALL」(すみません、不勉強で全くちしきありません)とガンプラ旧キット特集です。。

以上、ホビージャパン2022年の5月号でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください