レビューNO:090

HG ブグ(ランバ・ラル機) レビュー

今回は「HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)」をレビューしていきます。

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜でランバ・ラルが駆り、スミス海の戦闘で、黒い三連星とシャア・アズナブルとで、連邦軍のガンキャノン1個中隊を全滅に追いやった機体です。

型番のMS-04からもわかるように、ヴァッフとザクⅠの間にあたる機体で、ヴァッフより大幅に性能は向上し、機動兵器として確立しましたが、コスト度外視な設計だったため、生産性を見直したザクシリーズに量産機の座は譲った形となっています。

ただ、コストをたっぷりかけた機体だけあって、パイロットからの評判はよく、少数生産された機体の1機が開発テストを行っていたランバ・ラルにわたって自身のパーソナルカラーの青に塗装されたのが、この機体となります。

THE ORIGINの中でも、印象深いスミス海の戦闘シーンを思い出しながら、キットを見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ポリキャップ以外はすべてPS素材、一部のランナーをザクと共有しております。

各部組立

頭部

ランドセル

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

武装

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)」をレビューしてきました。

ORIGINシリーズのHGはどのキットも非常によくできたおりますが、このブグも例に漏れることなく、よくできた良質なキットでした。

全身にはりめぐらされたモールドによる情報量の多さもHGの中でもレベルの高い仕上がりになっており、スミ入れきちんと行うと、より完成度が上がると思われます。

ガンダムデカールもオプションで用意されているので、塗装&水転写デカール仕上げに挑戦する価値もたかそうです。

オレンジカラーのテスト機や、ガンキャノン(最初期型)、黒い三連星やシャアのザクⅠなどと並べても魅力増大になることが容易に想像でき、いろいろな楽しみ方ができるかとも思います。

機体自体は若干マイナーかもしれませんが、キットの出来や作りごたえからもオススメな1台です。

以上、「HG 1/144 ブグ(ランバ・ラル機)」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 全身に張り巡らされたモールドなどによる、情報量の多さ
  2. 肩アーマー突起部の細かいモールド
  3. 複雑な裾のサイド部分の処理が見事

キットの残念ポイント

  1. モノアイ連動可動のために首の縦方向の稼働が若干犠牲に
  2. 胸部肩部分にすき間ができやすい
  3. ゲート跡消す際にモールドも削らないように注意が必要

  • 登場作品:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN
  • 型式:MS-04
  • 名称:ブグ(ランバ・ラル機)
  • 搭乗者:ランバ・ラル
  • 所属:ジオン公国
  • 商品価格:1,870円(税10%込)
  • 発売:2016年12月03日
  • 積みプラ解消: -6.7cm(パッケージの高さだけで算出)

1 thought on “HG ブグ(ランバ・ラル機) レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください