レビューNO:098

HGFC シャイニングガンダム レビュー

今回は「HGFC 1/144 シャイニングガンダム」をレビューしていきます。

機体紹介

「機動武闘伝 Gガンダム」の前半の主役機、ネオジャパンが第13回ガンダムファイト用に開発したモビルファイターです。

本機の特徴は、搭乗者の感情や状態を機体に反映することができ、「ノーマルモード」、「バトルモード」、「スーパーモード」、「真のスーパーモード」と機体をパワーアップできることにあります。

また、ノーマルモードの頭部デザインは鎧をイメージたもの、バトルモードは歌舞伎をモチーフにしたものとなっており、日本を強く意識したデザインになっています。

必殺技はバトルモード以上で使用することができる”シャイニングフィンガー”!!!

ドモンの決めセリフ「俺のこの手が光って唸る、お前を倒せと輝き叫ぶ」とともに発せられる、手のひらで掴んだものを粉砕する、ガンダム史上でも1、2を争う有名技です。

機体は予選ラウンドを戦い抜き、デビルガンダムを倒した後に、ギアナ高地でのマスターガンダムとの闘いで大破、その戦闘データをゴットガンダムに引き継ぎ放棄され、その役目を終えています。

キット紹介

キットはHGFCの第三弾として2011年8月に発売、新規金型のキットとなっています。

コアランダーが脱着可能、シャイニングフィンガー用のクリアーグリーンのハンドパーツ、対戦エフェクト用の右手大型ハンドが付属しいます。

ノーマルモードからバトルモード、スーパーモードへはパーツの差し替えで再現しています。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ポリキャップ以外のランナーはすべてPS素材でABSは使用していません(KPSも)。また表記も全て「HGFC 1/144 シャイニングガンダム」となっています。

各部組立

頭部

胸部

コアランダー

腕部

腰部

足首

脚部

武装

素組完成

ノーマルモード(左)とハイパーモード(右)です。バトルモードは頭部と前腕のみ展開した状態ですが今回割愛です。

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HGFC 1/144 シャイニングガンダム」をレビューしてきました。

前のレビュー2本と合わせて、HGFC3体続けてレビューしてきましたが、全体的に価格抑えて、HGUC系統よりもシンプルな構成で、合わせ目なども無理せずそのまま、といった印象でした。

対象ユーザーや対象年齢も少し違うところを意識しているのかな~といった感想です。

このシャイニングガンダムもスーパーモードへの変形は差し替えが基本で、頭部に至っては各モード用に丸々2個用意する構成で、他の部分もヒンジ設けてスライドさせたりもせず、1回外して取り付け位置を変えるなど、コストと各モードの出来を両立させた内容となっています。

HGであれば、余計な可動ポイント作らず、このような形でも十分な気がします(MGやRGはそうなってほしくありませんが)。

ひじの可動範囲や、胸部と腹部の間に可動軸が無くて大きく屈めなかったり、スーパーモードで現れる裏側パーツも肩のシール以外は要塗装だったりと、足らざる部分も多々ありますが、その分手を入れれば完成度が格段に違ってくるキットだと思いました。

RGゴットガンダムと並べておきたい一台でもありますし、一度手にとってはいかがでしょうか。

以上「HGFC 1/144 シャイニングガンダム」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 割り切って差し替えとしたスーパーモード
  2. スタイリングはよくまとまっている
  3. 太もも上部に設けられた回転軸

キットの残念ポイント

  1. 格闘タイプなので、普通の平手も欲しかった
  2. 肩アーマーやスネなど合わせ目が結構目立つ
  3. 塗装仕上げの場合、塗分けが大変そう

  • 登場作品:機動武闘伝Gガンダム
  • 型式:GF13-017NJ
  • 名称:シャイニングガンダム
  • 搭乗者:ドモン・カッシュ
  • 所属:ネオジャパン
  • 商品価格:1,650円(税10%込)
  • 発売:2011年08月27日
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)


1 thought on “HGFC シャイニングガンダム レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください