レビューNO:088

HG YMS-03 ヴァッフ レビュー

今回はTHE ORIGINから「HG 1/144 YMS-03 ヴァッフ」をレビューしていきます。

ヴァッフは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起』の中で、ギレン総帥にMS計画の継続を承認させるべく、Dr.ミノフスキーによるプレゼンの中でCG(?)で登場しておりますが、完成した実機は本編には登場しておりません。すべてのMSの始祖となる機体で、後の傑作機ザクにつながるMSです。

キットはORIGINシリーズからのリリースとなっており、ヴァッフ独自デザインの外装を新規で、関節部などはザクシリーズと共通パーツを使用して成り立っています。

ザクより以前の、人類初の実用MSを素組仕上げで見ていきたいと思います。

このレビュー後には全塗装仕上げも予定しております。

パッケージ&内容物紹介

一般販売のキットなので、機体解説もしっかり掲載されています。

ランナー紹介

ポリキャップ以外のパーツはすべてPS素材、関節部パーツはORIGIN版ザクと共通となっています。

色再現のホイルシールはなく、マーキングシールのみとなっています。

マーキングシール 艶消しタイプのマ各所マーキングとモノアイ部になります。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

武装

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HG 1/144 YMS-03 ヴァッフ」をレビューしてきました。

劇中ではヴァッフ自体の目立った活躍シーンはあまりなく(画面に出てきているのはおそらくCGによるデモンストレーション)、往年のMSVにも列挙されていなかったため、機体自体はマイナーですが、キットの出来は他のORIGINシリーズ同様、色分け、関節可動域、プロポーションとほぼ文句のない出来でした。

特にザクとの共通部分なんかは、ヴァッフが開発された時にはすでに完成の域に達していた部分なんだな~と思いをはせながら組み立てると、なかなかおつなもんでした。

バズーカを構えると、きちんと肩当部分がきれいに肩の丸みにフィットしたり、脚部のスネ部分のパーツも、組み合わせると全く隙間なく組みあがったりと、設計時点からの部品精度の高さを実感できました。

ただ、そのために、組みあがった脚部を分解しようとしたところ、なかなか外れず、4本のピンで固定するうちの3本を破損するという大失態をおかしてしまいました。

仮組で分解を予定している方はBの16番のパーツのピンはきちんとヤスリ掛けして補足しておきましょう。

↑赤丸の部分(写ってないですが反対側も)

接着で何とかできそうですが、手間がかかりそうです。

個人的な感想ですが、ORIGIN系のキットはどれもなかなか良い出来なので、制作意欲を駆られます。ジオン系、連邦系どんどん増やしてほしいですね。映画(ククルス・ドアンの島)も控えているので、ノーマルジムとか、ホワイトベース隊のガンキャノンなんかも期待しちゃいます。

何はともあれモビルスーツの祖でもある機体、ガンダム好きなら押さえておいて損はないかと。

ファースト世代のおやじたちにはオススメの1台(シリーズ)でした。

キットのグッドポイント

  1. 非常に高い、部品精度
  2. 小さいながらも、作りごたえあり
  3. ザクと並べると歴史を感じる

キットの残念ポイント

  1. ボディの成型色が塗装指示色と結構異なる印象
  2. バズーカ腰にマウントした時の位置が、前方側に偏っていてバランスが悪い
  3. モノアイ別パーツにするのは難しいのかな~(キット全体の出来から、シールってのは…)
  4. 誰の持ち込み企画だ!?前腕部の取り換え機構

  • 登場作品:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN
  • 型式:YMS-03
  • 名称:ヴァッフ
  • 搭乗者:ジオン公国軍テストパイロット
  • 所属:ジオン公国
  • 商品価格:1,870円(税10%込)
  • 発売:2016年04月16日
  • 積みプラ解消: -6.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください