レビューNO:060

RG ジオング レビュー 【機動戦士ガンダム ラストシューティング ジオングエフェクトセット】

今回は「RG 1/144 ジオング」をレビューしていきます。

RGジオングは単体バージョンとファーストガンダム最終話のシーンを再現できる「機動戦士ガンダム ラストシューティング ジオングエフェクトセット」版の2種類が商品展開されますが、後者のエフェクト付きのDX版を見ていきます。

ファーストガンダムのラスボスだけあり、MGは2002年、HGは2001年と、どちらもシリーズ初期に商品化されており、インジェクションキットとしては久しぶりの新作となります(立体物としてはROBOT魂が2018年にプレバン限定で発売されています)。

最近の多関節構造を取り入れたジオングは何処がどれくらい動くのか?といったところが非常に気になるこのキット、可動部分以外も新しい要素はあるのかなどを詳しく見ていきたいと思います。

キットの正式発売は2021年の1月の予定ですが、2020年11月12日~15日に東京は新宿で開催されております、「GUNPLA EXPO TOKYO 2020」での先行発売の商品を使用していきます。

今回はモノアイなどの部分塗装だけ行い、リアリスティックデカールとスミ入れしてクリアコートで仕上げる予定です。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

表記がないものは全てPS素材です。拡張キットの一部でABSが使用されています。ランナー表記も当たり前ですが基本「RGジオング」です。

ここまでがノーマル版と共通の中身になります。

以下からはエフェクトセットで追加となっているランナーです。

各部組立

頭部

後頭部の脱出ハッチも開閉します。

胸部

腰部

腕部

脚部

「あんなもの、飾りです。お偉方にはそれが分からんのですよ」

その他

エフェクトパーツ

フレーム完成

シール、スミ入れ&クリアコーティング仕上げ完成

ギミック&可動

アクション

比較

ラストシューティング

まとめ

今回は『機動戦士ガンダム ラストシューティング ジオングエフェクトセット』をレビューしてきました。

ジオング本体は久々のキット化でしたが、個人的には決定版ではないかと思ったほど、よくできてます。

プロポーションに肘やスカートの可動、成型色の発色まで高い次元でまとまっております。

また、ほぼすべての部分でフレーム再現されており、ザク2.0やガンダム2.0の頃のMGと同等の構造となっております。

近年のMGは作りやすさに軸足が移動して、フレームや内部構造の再現に重きが置かれなくなってきている分、RGに力が入っているのかとも感じました。

そんなジオングですが、手の指部分だけは、納得できない作りとなっています。アドバンスドジョイント採用されているため、関節部分のベースと指のプラ部分がくっついており、取り外し不可。指部分と関節部分を塗り分けるのは困難を極める構造となっています。

今回のようにクリアコートのみでの仕上どまりなら問題ないですが、全塗装する場合のいい方法がすぐには思いつかない感じです、来月以降のHJやMGでの作例を参考にしたいと思います。

最後にエフェクトパーツとラストシューティングセットについてです。正直なところ、本体単体でいいかなと思います。

ビーム&バーニアエフェクトはボリュームあってかなりかっこよいのですが、置き場所取るので、実際飾る段階になったら(我が家の場合)おそらく駐機姿勢。豪華なエフェクトも宝の持ち腐れになりかねません。

またラストシューティングセットですが、これを使用すると、せっかく良い出来のジオング本体がお蔵入りです、それはあまりにももったいない。

今回のレビューが終わったら我が家の場合はエフェクトセット&ラストシューティングセットはしばらく日の目を見ることはなさそうな予感です。

ビームエフェクトで豪華展示予定の方は迷わずセットですが、迷っている方は本体単体で十分かと思います、価格も4000円弱の差がありますし。

と、いろいろ申してきましたが、ジオング本体は間違えなくこの先10年以上は決定版として君臨出来る内容なので(MG2.0なんてのもあるかもしれませんが)、ファースト好きな方やシャア好き、サイコミュ好きはぜひ1台手に取ってほしいキットでした。

キットのグッドポイント

  1. スカート内部や腕部のフレームパーツのモールドが細かく素晴らしい。
  2. スカートの作りが精工で、きちんと組み立てれば隙間なし!
  3. 成型色もきれいで、クリアコートだけでも十分OK
  4. 可動もプロポーションも含めて、この先10数年(もっとか!?)はジオングの決定版とおもわれる。

キットの残念ポイント

  1. 塗装するな!と言わんばかりな、指のアドバンスドジョイント構造
  2. ビームエフェクトとバーニアエフェクトだけで良いような気も…
  3. エフェクト使用すると、展示スペースの確保が大変
  4. 前腕分離時にリード線を差し込むのがちょっと大変
  5. 台座関連で発生する大量の余剰パーツ(展示方法によっては台座自体もか?)
  • 登場作品:機動戦士ガンダム
  • 型式:MSN-02
  • 名称:ジオング
  • 搭乗者:シャア・アズナブル大佐
  • 所属:ジオン公国軍
  • 商品価格:9,900円(税10%込)
  • 発売:2021年01月
  • 積みプラ解消: -14cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください