レビューNO:096

HGFC ノーベルガンダム レビュー

今回は「HGFC 1/144 ノーベルガンダム」をレビューしていきいます。

ガンプラの中でもかなり異色な1台、来月の「RG ゴットガンダム」発売前に脇を固めておきたいと思います。

機体紹介

ノーベルガンダムは「機動武闘伝Gガンダム」のモビルファイターで、パイロットはネオ・スウェーデン所属のガンダムファイター、アレンビー・ビアズリーです。

初めての宇宙世紀以外の作品で登場する、初めての女性型ガンダム。

どこかで見たことあるようなデザインで、一部では「セイラーガンダム」とも言われているとかいないとか。

ただ、華奢な見た目とは裏腹に、機体性能はゴットガンダムとも互角認戦える能力を持ち、更には外部からの指令で発動する「バーサーカーシステム」で強制的にパイロットを暴走させ、攻撃力をアップさせる装置なんかもついてます。

キット紹介

主役のガンダム2台、マスターガンダムに続きHGFCシリーズとして発売(続きはいつでるのかな~)。このキットとの成型色と一部パーツ替えで「HGFC 1/144 ノーベルガンダム バーサーカーモード」も一般発売されています。

キット本体は完全新設計、ガザCなどに付属していたスタンドが半透明のホワイトカラーに成型色変更して付属しています。

また、お姫様抱っこされるのを再現するHGFC ゴットガンダム用ハンドパーツも付いています。

パッケージ&内容物紹介

組立説明書も標準的な構成ですが、少し横幅が狭く小さめです。

ランナー紹介

ランナー表記はすべて「HGFC 1/144 ノーベルガンダム」になっています。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

武装

その他パーツ

素組完成

ギミック&可動

ひざの曲がりが足りず、女の子座りも決まらず。

アクション

比較

追って追加します。

まとめ

今回は「HGFC 1/144 ノーベルガンダム」も見てきました。

女性型の機体なので、全体的に華奢な作りとなっており、ポリキャップレス構造でパーツ数も少な目でした。

肘、ヒザ関節もサイズ的制限があったのか、どちらもシングル関節で、可動範囲が狭めなのが格闘中心の機体なのに残念な感じでした。

せっかくのモビルファイターなので、格闘ポーズをばりばり付けられる広い可動域が欲しかったです。

頭部の色分けは頑張っておりますが、セーラー服(風)の白いラインや太もものリボンなどはシール再現です。しかし、段差やモールドもあるので、マスキング自体はしやすそうです。

本来であれば「RG Gガンダム」の発売に合わせたシリーズ再販でしたが、発売日が変更となったことで主役抜きのGガン祭りだったのは少し残念でした。

ただ考えようによっては、2か月延期になったおかげで、Gガンシリーズ作る時間ができたかなと。

RGでお姫様抱っこができるのか!?試せる日を待ちたいと思います。

キットのグッドポイント

  1. よく考えられている頭部の分割
  2. ほかのキットにはない、ビームリボンが面白い
  3. シール再現ですが、左太ももなどのラインマーキング部も段差があって塗装派にも優しい

キットの残念ポイント

  1. モビルファイターなのに、可動範囲が狭め
  2. 足首、手の甲などが外れやすい
  3. 全体的につくりが小さいので、頭部バルカンやスラスターなどの塗分けが大変そう

  • 登場作品:機動武闘伝Gガンダム
  • 型式:GF13-050NSW
  • 名称:ノーベルガンダム
  • 搭乗者:アレンビー・ビアズリー
  • 所属:ネオ・スウェーデン
  • 商品価格:1,650円(税10%込)
  • 発売:2011年01月09日
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください