レビューNO:049-2

HGUC サイコガンダム 全塗装 レビュー

HGUC サイコガンダム」素組のレビューからの続きです。その大きさと、結構あるマスキング部分に恐れをなしてしばらく未着手でしたが、オリンピック終わりの3連休で時間が取れたので最後までたどり着きました。

いつもは、完成見本写真になるべく忠実に色も選択しておりますが、今回は黄色の部分をキャンディ塗装でメタリックイエローにしております。

サイコガンダムの黄色い部分て何なんだろうか?とちょっと疑問に思い、勝手に想像膨らませて、サイコ関連の通信パネルかなんかではと勝手に断定、それならメタリック(これも勝ってな想像)の方がそれっぽいと言うことで、慣れないキャンディ塗装を選択いたしました。

塗装レシピ

ブラック:当初はガイアノーツのスチールブラック(ボトムズカラー)で全部塗る予定でしたが、足りない可能性があったので(店頭品切れで手に入らず)、スチールブラックとミスターカラーのブラックを2:1に青少々と白少々です。

レッド:モンザレッドに黒少々

ももなどのグレー:ミディアムブルー50、レッド30、ホワイト20と説明書通り

イエロー:黒サフにガイアノーツのプレミアムミラークロームの上に、クリアーイエローにクリアーオレンジ少々

ホワイト:ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ

センサーピンク: 黒サフにガイアノーツのプレミアムミラークロームの上にガイアノーツ クリアーピンクです。

クリアコートはブラックが半光沢、イエローが光沢、それ以外はつや消しです。

塗装済み完成

モビル・フォートレス

アクション

比較

まとめ

「HGUC サイコガンダム」全塗装してみました。

予想はしていましたが、HGとはいえ半端ない塗装面積でした。ボディのブラックは、Mrカラーの瓶1本丸々調合したのですが、全く足りず追加調合して、結局ほぼ2本分必要でした。

そして、平面の面積が非常に大きいので、エアブラシでも気を抜くとすぐにムラになるため、なるべく薄く、何度も塗ったのですが、それでもシールドの表面などには、色が薄い部分が残ってしましました。

また、色分けも最近のHGほどではないので、マスキングもある程度必要でした。特に腹部のメガ粒子砲は、先に赤塗って、マスキング、グレーの順番で塗装いたしましたが、境界線のカットがなかなかに大変でした。

塗装面積や、マスキングなどなかなかにハードルの高いHGでしたが、その分、その大きさも相まって完成したときの満足度は高い1台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください