レビューNO:104

HG ディランザ (グエル専用機) レビュー

機動戦士ガンダム 水星の魔女に登場する「HG 1/144 ディランザ (グエル専用機)」を素組でレビューしていきます。

今までのレビューは多少なりとも紙やすり使ってゲート整えておりました。しかし、今回はゲートの進化を実感するために、ニッパーとデザインナイフのみ使用で、紙やすり使わず制作していきます。

機体紹介

ディランザ (グエル専用機)は、物語本編の舞台となる「アスティカシア高等学院」の決闘委員会の筆頭で、最強パイロットの証である「ホルダー」の座に就く、グエル・ジュダークの専用機です。

その、グエルの父がCEOを務めるジェターク・ヘビー・マシーナリー社製の汎用MS「ディランザ(量産型)」を専用チューンし、頭部の羽飾りの装飾の追加と、マゼンタ系のカラーで塗装されているのが特徴です。

緑色系の量産機を赤系に塗装して、頭部に飾りを追加すれば、通常の3倍強そうに感じますが、第1話では見事にエアリアルの引き立て役として、大破、敗北しております。

キット紹介

今回のキットは、水星の魔女 HGシリーズNo.03として、テレビ放映開始の翌週に発売となっております。本来、ディランザ量産型がベースの機体ですが、第1話での活躍(?)もあってグエル専用機から発売となっています。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ランナーは全て「HG 1/144 ディランザ」表記でPS素材になります(一部KPS)。

各部組立

頭部

胸部

ランドセル

腕部

腰部

足首

脚部

武装

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HG 1/144 ディランザ (グエル専用機)」をレビューしてきました。

前週作成したガンダムエアリアルと同様に、コスト抑えながら、作りやすさや完成レベルを維持することに成功している良キットでした。

ただ、C形関節(パチンとはめるタイプ)やポリキャップを使用しない、KPS同士のボールジョイントなど、「すぐに関節ゆるゆるになるんじゃないの?」といった心配はあります。

しかし、組み上げた今現在は、関節もしっかりしているし、比較的大きく曲げるのは苦手そうなデザインですが、各部もよく曲がり、ポーズも決まるので、今後発生するかわからない事を心配をするのではなく、今を楽しめばいいのかなとも思います。

また、冒頭にも書きましたが、今回はゲート処理ほとんど行っていません。

前回エアリアル作成した時にかなり進化したゲートだと感じたので、ニッパーと軽くデザインナイフのみ使用して作っています。

切れ味がいいニッパーは必要ですが、白化もすることなく、傷になることもほとんどなく組み上げられました。あまり目立ちませんが、ゲート部も大きく進化しています。

一話では完全にかませ犬となっていた、グエル君。今後、ライバルとしてちゃんとのし上がってくるのか、ジェリドのように汚名挽回を繰り返して最後まで行くのか、1年間見守っていきたいと思います。

それより、この機体って、3話以降に出てくるのだろうか?、2話見た限りでは新型機(?)に乗り換えちゃうような…(出番終了なのか!?)

そんな、「HG 1/144 ディランザ (グエル専用機)」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 今回は胸部の色分け頑張っています
  2. シールド内にマシンガンもトーチもマウント可能
  3. 跡が残りずらいゲート

キットの残念ポイント

  1. 赤紫部分の成型色はもうちょっとピンクよりでもよかったのでは
  2. 脚部側面にできる、大きな合わせ目
  3. 平手も欲しい

技術ポイント

  • ゲート:くさび形+細ゲート
  • 腕付け根:ボールジョイント(KPS)+引き出し関節
  • 脚部付け根:本体側固定+脚部側3軸
  • 関節構造:ヒジ(二重)、ヒザ(二重)
  • クリヤーパーツ:パルチザンとトーチのビーム刃
  • パッケージ:水星の魔女シリーズフォーマット
  • 派生キット:HG 1/144 ディランザ(一般機/ラウダ専用機)

キットデータ

  • 登場作品:機動戦士ガンダム 水星の魔女
  • 型式:MD-0032G
  • 名称:ディランザ (グエル専用機)
  • 搭乗者:グエル・ジェターク
  • 所属:ジェターク寮
  • 商品価格:1,760円(税10%込)
  • 発売:2022年10月08日
  • 積みプラ解消: -7.5cm(パッケージの高さだけで算出)

1 thought on “HG ディランザ (グエル専用機) レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください