レビューNO:079

HGCE ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機) レビュー

今回は、HG 1/144 ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)をレビューしていきます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する連合軍のネオ・ロアノーク大佐のパーソナルカラーに塗装されたウインダムになります。

あんな爆発でそうして生きてるんだ!?とか、いったい誰があの状況から助けたんだ!?などの疑問は横へ置いておいて、キットを見ていきたいと思います。

キット内容は先に発売されております、ウインダム量産機を中の人に合わせて、紫と黒をベースにしたエピオンカラーに変更したものです。

色再現のために一部追加ランナーはありますが、武装などの装備や形状に変更点はありません。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

素材は全てPS素材で表記は「HG 1/144 ウインダム」ですが、追加のシールド(Dパーツ)だけ、「HG1/144ウインダム(ネオ機)」となっています。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

ストライカーパック

武装

余剰パーツ

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HGCE 1/144 ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)」をレビューしてきました。

基本的には一般機からカラーリングを変更しただけなので、大きな違いもなく長所も欠点も引き継いだ形になっています。

FAIN BUILD構造なので、作成は簡単ですが、耐久性などは?マークがつくところです。

また、頭部のバインダー部もクリアパーツではなく、シール再現なので、商品としてのバリューとしては低めです。

ただ、専用カラーの成型色も良い感じで、一般機と異なるスネのサイドスラスターの黄緑はシールが付属するなど、手抜きは無い感じです。

また色再現のためシールドも追加で1セット付属するなど、一般機と同じ価格設定ですが、余剰がある分だけ、気持ちお得かもしれません。

武装や仕様は一般機と同一なので、プレバンで買い逃したとしても、カラーレシピ入手して全塗装するなら一般機からでも問題ないかと思います。

成型色を活かす素組&部分塗装派は、プレバンで予約受付が2021年8月30日までなので急ぎましょう。

以上、「HGCE 1/144 ウィンダム(ネオ・ロアノーク専用機)」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 特徴的な紫のカラーリングもうまく再現されている成型色
  2. 地味にうれしいカラーバリエーション
  3. シールドの色再現にもこだわった追加パーツ

キットの残念ポイント

  1. 一般機同様、全体的に安っぽいつくり
  2. カラーリング以外にも一般機との違いが欲しかった
  3. 全塗装時のボディカラーの調合が難しいかも

基本データ

  • 登場作品:機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  • 型式:GAT-04
  • 名称:ウインダム ネオ・ロアノーク専用機
  • 搭乗者:ネオ・ロアノーク
  • 所属:地球連合軍
  • 商品価格:1,540円(税10%込)
  • 発売:2020年08月(プレバン)
  • 積みプラ解消: -5.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください