レビューNO:080

MG ガンダムデスサイズヘル EW レビュー

今回は『MG 1/100 ガンダムデスサイズヘル EW』をレビューしていきます。

設定が混乱しやすい、ガンダムWシリーズ。こちらはOVAのエンドレスワルツ版(EW版)のデスサイズヘルになります。MGのウイングシリーズは、TV版ウイングガンダム以外、全てEW版としての商品化になっており、EWには登場しない、素のデスサイズもEW版として商品化されております。

一方、最近シリーズ展開中のHGはTV版での商品化となっています。

簡単な見分け方としては、大河原デザイン=TV版、カトキデザイン=EW版といった表記になっているというのが、一番わかりやすいかもしれません。

では、デュオの相棒見ていきたいと思います。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

各部組立

頭部

黒サフ、シルバー、クリアーグリーンで塗装したところ、暗くなってしまったので、上から蛍光グリーン吹いてます。透明感無くなって下地シルバーの意味なくなってしまっております。

胸部

アクティブクローク

腕部

腰部

足首

脚部

つま先でデスサイズと判断できそうです。

武装

フレーム完成

素組完成

アクティブクローク閉じた状態

ギミック&可動

アクション

塗装

now paiting

比較

完成後の専有面積の観点では成績悪い2台です。ウイングはさすが最新のVer.Kaと言うべきか、情報量多いです。

まとめ

今回は『MG 1/100 ガンダムデスサイズヘル EW』を 見てきました。

商品はガンダム2.0やザク2.0から2年後の発売となっており、最近のMGよりもフレーム部がしっかりしている印象でした。

ただし、当時物の特徴として、フレームはほぼ全部ABS製となっているため、PS素材と比較して、組み易さや塗装時の安全性などが劣る点はありますが、致し方なしかと思います(とはいえ、今回はラッカー系のクリアコートしておりますが)。

また、頭部のバルカン部や、ほほのダクトのフィンまでキッチリ色分けされており、ツインアイ以外はマスキングする必要が無い点も高評価かと思います。

素のデスサイズから追加されたアクティブクロークも存在感バツグンで、可動、収容状態への変形、そして大きさも申し分ないです(展示時の場所の確保は大変ですが)。

ただ、アクティブクロークも肩の白い部分も引き出し可動時の動きがもう一つ固くて、動かすのは結構苦労します(クリアコートしていなければスムーズかもしれませんが)。

最近のMGに比べるとMSの中身にもこだわっている時代のキットで、(たぶん)シリーズでフレームも統一されていて、開発経緯なんかも妄想しながら組み立てられるつくりは楽しいです。(MGシリーズの醍醐味だと思っていましたが、最近はRGにとってかわられてきてますね)

一般販売のノーマルセットにプレバン&一般販売のヘビーアムズ改、サンドロック改、アルトロンにデスサイズヘル、更に武装追加(アーマディロやイーゲル他など)タイプ、どのセットでそろえるかはそれぞれの好みになりますが、自宅にガンダム5機並べるのは悪くないです(我が家にはEW版で揃っているんであと3台作るだけか)。

以上、MG デスサイズヘルのレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 頭部は1パーツだが、フルフレーム構造
  2. 収納形態もアクション時もよく動くアクティブクローク
  3. マスキング不要なパーツの色分け

キットの残念ポイント

  1. 収納時のアクティブクローク中央部のロックが貧弱
  2. ビームシザース持たせるときの、反った親指が再現できず
  3. 肩アーマーの白い部分とアクティブクロークの引き出しが硬い

  • 登場作品:新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
  • 型式:XXXG-01DD2
  • 名称:ガンダムデスサイズヘル
  • 搭乗者:デュオ・マックスウェル
  • 所属:L2コロニー
  • 商品価格:4,950円(税10%込)
  • 発売:2011年02月26日
  • 積みプラ解消: -8cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください