レビューNO:073

HGUC グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)レビュー

今回は「閃光のハサウェイ」公開&祝再販ということで、『HG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)』をレビューしていきます。

ついにスクリーンで、水色のグスタフ・カールの雄姿を見られるか!と思ったら、閃光のハサウェイでは”00型”となっており、UC版からフレーム構造も見直されて、デザインも少し細めに変更となっておりました。

しかし、映画公開に合わせて00型のキット発売のアナウンスはなく、今回の”ギレンの野望版”がプレバンで再販されるのみとなっておりました(残っていた在庫をこの機に乗じて売りさばいたか!?)。

ま、00型もそのうちキット化されるであろうと信じて、今回は今を逃すとしばらく積みプラの山から救出されないであろう、ギレンの野望版を見ていきます。

キットはUC版の成型色を変更と、頭部のバルカン砲が削減、シールドのマウント部分がランドセルから左肩へ変更となっております。ちなみに00型のシールドはランドセル接続になっています。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ポリキャップ以外のランナーは全て「グスタフ・カール」表記、素材はPS素材となっています。

各部組立

頭部

胸部

腕部

腰部

足首

脚部

武装

余剰パーツ

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は『HG グスタフ・カール(ギレンの野望Ver.)』をレビューしてまいりました。

UC版からただの色変えだけにとどまらず、頭部やシールドの接続方法の変更など、微妙な違いが量産型好きとしてはうれしい1台です。

近年のHGだけあって、膝のスライド関節なども取り入れられており、どう見ても曲がらなさそうなデザインですが、可動域もかなり頑張っております。

しかし、ユニコーン版と細かい差異はありますが、基本部分は共通なので弱点もそのまま引き継いでいました。

脚部自体の重量が重い影響もあると思いますが、脚の付け根が結構緩めで、ぶらぶらしがちです。アクションベースなどでのポーズ固定は長時間持ちません。

また、個体差だとは思いますが、パーツ面積が大きいため、成型色ムラが少し気になったり致しました。

今後、00型の発売がどうなるかはわかりませんが、現状手に入るグスタフ・カールとしてはUC版とこのギレンの野望版になります。大きな欠点もなく、他のハサウェイシリーズと並べるには押さえておきたい1台だと思います。

キットのグッドポイント

  1. UC版と微妙に異なる形状再現
  2. スライド膝関節など、可動域拡大にもチャレンジしている1台
  3. 現状ではハサウェイに出てくるグスタフ・カールに最も近い1台

キットの残念ポイント

  1. 脚の自重でふらつく股関節(比較のUC版ももっとひどいことになっていた)
  2. バズーカや平手などの小物も欲しかった
  3. 気を使う太目なゲートがいくつかあった

  • 登場作品:『機動戦士ガンダム ギレンの野望』(ゲーム)
  • 型式:FD-03
  • 名称:グスタフ・カール
  • 搭乗者:一般兵士
  • 所属:地球連邦軍
  • 商品価格:2,640円(税込)
  • 発売:2019年7月18日発送(初回)2021年8月発送(再販)
  • 積みプラ解消: -9.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください