レビューNO:099

RG ゴッドガンダム レビュー

今回は「RG 1/144 ゴッドガンダム」をリアリスティックデカール+クリアーコートでレビューしていきます。リアルグレードのキットは一度組むと外すことが困難なパーツが多いため、レビューしつつ最終完成形として仕上げてまいります。

機体紹介

「機動武闘伝Gガンダム」の後半の主役機、ネオジャパンのガンダムファイター、ドモンカッシュが駆るモビルファイターです。

シャイニングガンダムをベースに、ミカムラ博士により開発され、第13回ガンダムファイトの決勝大会で活躍しました。

キット紹介

キットはリアルグレードシリーズ第37弾として2022年8月に一般店頭にて発売となりました。当初の予定(6月発売)より発売時期が2か月後ろ倒しとなっております。

設計は完全新作で、本編で印象的な腕組ポーズの再現や、MFならではの格闘ポーズが決まるような可動域の確保とリアルな外観の両立を目指したキットとなっています。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

ランナーはBパーツ以外、すべて「RG 1/144 Gガンダム」表記&PS素材です。Bパーツは「ADVANCED MS JOINT 20」表記でABS&PP素材です。

各部組立

コアランダー以外は、パーツ切り出し→ゲート処理→スミ入れ→リアリスティックデカール貼り付け→クリアコートを行ってから撮影しております(コアランダーのみ撮影してからデカール貼っています)。

クリアコートは全てミスターカラースーパークリアーシリーズのスプレー缶使用してます。

ホワイト部は半光沢、フレームはつや消し、外装はつや消しのUV Cutタイプです。本当は外装全てUV Cutタイプにしたいのですが、半光沢は商品化されていないので、通常版です(クレオスさん商品出して!)。

頭部

胸部

ランドセル(コア・ランダー)

腕部

腰部

足首

脚部

武装他

フレーム完成

デカール&クリアコート完成

スミ入れは基本スミ入れシャープペンとコピックモデラー0.2mm使用しています。

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「RG 1/144 ゴッドガンダム」をリアリスティックデカール&クリやコート仕上げで見てきました。

「最新のガンプラが、最高のガンプラ」と言わんばかりの素晴らしいキットでした。可動、パーツ分割、作りごたえと非常に高次元でバランスの取れた1台でした。

おそらく、人の動きにどこまで近づけられるのか、みたいなのが開発時の裏テーマであったのではないかと思われるほど、よく動きます。

また、頭部をはじめパーツ分割も秀逸で、目立った合わせ目もなく、プロポーションも普通に見た限り文句ない出来でした。

目立ちそうなところにはアンダーゲート処理も施され、この後に出てくるであろう、エクストラフィニッシュやメッキバージョンなどの塗装済モデルにも対応したつくりとなっています。

個人的には、今はまだない水転写デカール(純正品)が流通したら、全塗装で仕上げてみたい欲求に駆られました。

成型色の質感やゲート部分の改良も素晴らしく、ガンプラ好き、Gガン好き万人にオススメできる1台でした。

以上、「RG 1/144 ゴッドガンダム」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. ガンプラ史上最高レベルの頭部分割
  2. クサビ形からより進化した、跡が残りにくい細ゲート
  3. 可動もプロポーションも良好なのに、部品点数も抑えてあり作りやすい

キットの残念ポイント

  1. 水転写デカールの選択肢も発売時に用意してほしかった
  2. 素組だと一緒に並べられるクオリティのMFがない
  3. なし

  • 登場作品:機動武闘伝Gガンダム
  • 型式:GF13-017NJⅡ
  • 名称:ゴッドガンダム
  • 搭乗者:ドモン・カッシュ
  • 所属:ネオ・ジャパン
  • 商品価格:3,850円(税10%込)
  • 発売:2022年08月13日
  • 積みプラ解消: -8cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください