レビューNO:番外編

月刊モデルグラフィックス11月号(2021年)一気読み

モデルグラフィックス2021年の11月号一気読みです。

今月はマテリアル系メーカー特集第二弾として、ガイアノーツの大特集です。

巻頭特集 マテリアル系メーカー特集第二弾 FF外から失礼します。ガイアノーツです。

HJがエアブラシの使い方特集なら、MGは使用する塗料メーカーの特集と、今月はモデラーのレベルアップ月刊になっています。

何を隠そう、ガイアノーツ使いだしたのは、ここ1,2年とまだまだ歴の浅いわたしですが、今じゃすっかりその発色の虜、とりあえず色を混ぜ合わせる前に、そのまま使えそうな近い色はないかと店頭の塗料棚の前で時間をつぶすパターンになっています。

特集ではマスクをっとった矢澤さんに聞く形で、基礎編、エナメル編、TIPS編、イージーペインターの使い方編をちりばめながら、社長インタビューやモデラー対談、NAOKI氏インタビューに注目カラー解説に最後の大発表と盛沢山になっています。

回数分からなくなるほど攪拌するとか、エアブラシ塗装では1:1とか、もっと早く知っていれば!!的な内容も多々ございます(私が知らなかっただけかも。

ガイアノーツが今でも好きな方はよりディープに、使ったことがない方はその入り口になる大特集です。

キャラクターモデル

忘れた頃にキット作例でフルメカニクス1/100「カラミティガンダム」、そしてプレバン発売のMG1/100「クロスボーンガンダムX1(パッチワーク)」こちらはX3からの変更点をマグネット交換できるようにコンパチ化された作例になっております。

メガミデバイスを改造してアクトレスを造る「アリス・ギア・アイギス」(すみません違いよくわからずです)、スターウオーズからはBANDAI SPIRITSの1/12「ザ・マンダロリアン(ベスカーアーマー)」、スケールモデル枠(?)に入っておりましたがスケールモデルは無いんですが、ヴィナス戦記からウェーブの1/20「戦闘モノバイク ハウンド」も掲載されています。

スケールモデル

2021年7月号の補習編と題して、ハセガワの1/24「AXIA スカイラインGT-R 1991年JTC」、AFVはフライホーク1/72「ドイツ キングタイガー(ヘンシェル砲塔)」、ハセガワ1/48「J35F ドラケン」(デルタ翼大好き)、ポントスモデルの1/250「南極観測船 宗谷」となっています。

 

ニューカマー

グットスマイルカンパニーから映画メガフォースの「タック・コム」(イメージモデル詳細は本文で)が紹介されております。

まとめ&来月の予告

ガイアノーツ大特集、新たな知識も得られて読み応え十分な内容です。

ただ、メーカー公式Twitterでも告知されていましたが、昨今のコロナからの供給不足需要過多で現在商品供給が間に合っていないのも現状です。

最低限でも基本カラーは途切れることなく店頭に並ぶことを切に名がっております(特にニュートラルグレーⅠ!)。

ガイアノーツ好きとしては、ホント人手で解決できることなら手伝いに行きたいぐらいです(社員募集うけて落ちましたが)。

それと、今月はプレゼントコーナーにも触れておかなければ、AXIAスカイラインがプレゼント景品に並んでいるのですが、そこでキットとセットになっているのがなんとAXIAのカセットテープに斉藤由貴のレコード!!!(アルバムAXIAではありませんが、同じ時代の物)提供MG編集部となっていますので、どなたかのお宝放出されたんですかね~

来月は、PG UNLEASHED(いまだに読めない)RX-78-2 ガンダム特集です(1キットで何ページ使うんだいったい!?)。

以上、モデルグラフィックス11月号でした。

1 thought on “月刊モデルグラフィックス11月号(2021年)一気読み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください