HGUC ガンダムEz8 レビュー

今回のガンプラレビューは機動戦士ガンダム 第08MS小隊に登場した終盤の主役機「HGUC 1/144 ガンダムEz8」を見ていきます。

機体紹介

ガンダムEz8(イージーエイト)はアプサラスⅡ捕獲戦で大破したシローの陸戦型ガンダムを陸戦型ジムやジャンクパーツで現地改修して再生した機体です。

最も大きな外見上の特徴はガンダムのガンダムたる所以「Vアンテナ」を廃止し、シンプルなロッドアンテナを追加。また、胸部コクピット周辺の増加装甲や、対人機銃の追加など、より実践に即した改良がおこなわれております。

物語最終版では、ノリスのグフカスタムや、アプサラスⅢと激しい戦闘を行っています。

Ez8の名前の由来は「Extra-Zero-8」(08小隊の特別機)となっております。

また、型番のRX-79[G]Ez-8も連邦軍の正式なものではなく、便宜的に現地で付けられたものとのことです。

キット紹介

「HGUC ガンダムEz-8」は主役機なのですがHGUC化されたの比較的遅く、2007年に発売された「(初代)陸戦型ガンダム」から遅れる事6年、2013年04月に一般店頭発売となっています(しかし、その5年後の18年4月には陸ガンのリニューアルが実施されています)。

また、キットは完全新規となっています。

ただ、設定上は同系列の陸戦型ジム及び、陸戦型ガンダムへのパーツ流用は行われておらず、今のところはオリジナルキットになっています。

パッケージ&内容物紹介

ランナー紹介

素材は全てPS素材とポリキャップで、ABSは使われていません。

シール

各部組立

頭部

胸部

バックパック

腕部

腰部

足首

脚部

武装

パラシュート・パック

素組完成

ギミック&可動

アクション

比較

まとめ

今回は「HGUC 1/144 ガンダムEz8」レビューしてきました。

正直なところ、2013年製、シリーズナンバーも155番と、決して古いキットではないのですが、ちょっと期待外れな内容でした。

「水星の魔女シリーズ」を見慣れた悪影響か、白一色の頭部や、足首の接続部、中途半端な色分けのビームライフルなど(陸戦型ガンダムでは改善済み)、最近のキットであれば楽々クリアーしていそうな部分も、シールや部分塗装以上の対応が必要であったり、また、肩ブロックの段差や下に向ければ落下するビームライフルの先端など、一部の部品精度の低さも気になりました。

そして、パラシュート・パックのベルト留め具がプラパーツではなくホイルシールとなっており、一度外すと再利用ができない点など、もう少し設計時に工夫ができなかったのかとも思いした。

しかし、あっさりした色分けも、逆にスミ入れ、塗装、ウエザリングなどの素材としてはうってつけのキットではないかとも思いました。

おそらく、きちんと下処理して、塗装やスミイレした時に初めてその真価を発揮する気がしております。

また、ベルト留めも何か自分で探してこいという、バンダイからの宿題かもしれません。

結論として、素組はあまりオススメあまりしませんが、塗装や汚しの練習にはうってつけの1台になる予感がする、HGUCでした。

以上、「HGUC 1/144 ガンダムEz8」のレビューでした。

キットのグッドポイント

  1. 可動ギミックも再現されたバックパック
  2. よく動く脚部
  3. パラシュート・パックを背負っても自立可能

キットの残念ポイント

  1. あっさりと、あきらめた感が漂う色分け
  2. パラシュートパックのベルトの処理
  3. カラーリングも相まって素組だと安っぽい仕上がり

技術ポイント

  • ゲート:ノーマル
  • 腕付け根:前方向引き出し式ポリキャップ
  • 脚部付け根:本体側中央軸付き固定ピン+脚部側3軸
  • 関節構造:ヒジ(二重)、ヒザ(二重)、首(ストレート両端ボールジョイント)
  • クリヤーパーツ:ビームサーベル刃

機体&キットデータ

  • 登場作品:機動戦士ガンダム 第08MS小隊
  • 型式:RX-79[G]Ez-8
  • 名称:ガンダムEz8
  • 搭乗者:シロー・アマダ
  • 所属:地球連邦軍 極東方面軍所属機械化混成大隊 第08MS小隊
  • 商品価格:1,760円(税10%込)
  • 発売:2013年04月13日
  • パッケージ:HG Ⅲ型(HGUC No.155)
  • 積みプラ解消: -6.5cm(パッケージの高さだけで算出)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください