レビューNO:008-2

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ レビュー(シール+ガンダムマーカー塗装とクリアコート)

今回は「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ」のレビューその2です。

付属シールとガンダムマーカー塗装+クリアコートで仕上げていきたいと思います。

製作の基本事項としてラッカー系は使用しないことを前提とします。臭い気にすることなく、自宅で作成をテーマにしてみました。

今回使用したのはこちらです。

シールは全て使用しました、塗装はガンダムマーカー(蛍光ピンクも使ってます)と一部ガンダムマーカーエアブラシを使用してます。

クリアコートはGSIクレオスの水性トップコートです。半光沢だけ新たに購入したのでプレミアム版になっています。

各部仕上げ

頭部

右側の白いパーツの眉毛に当たる部分をガンダムマーカーの黒で塗っています。

この状態だと眉毛がつながっているので、バカボンのおまわりさんみたいです。

瞳の塗装は断念してシールです。

口の部分は「流し込みスミ入れペンブラウン」でなぞってから、はみ出したところを「消しペン」できれいにしています。

髪の毛は「スミ入れふでペングレー」でざっくりなぞってから、ふき取って何となくラインが残る程度にしてます。

ウインクしてる左目のまつげだけは「スミ入れ用極細ブラック」でなぞってみました。数回やり直してます。

真ん中の口の部分は「ガンダムマーカー蛍光ピンク」で直塗り後に消しペンでぬぐってます。

ランドセル

今回一番苦労したのはこのランドセルです。

マスキングしてガンダムマーカーエアブラシでグレーを吹きました。

取説見る限り茶色かな~?とも思ったんですが、茶色は持ち合わせがなかったのでグレーで押し切りました。 マスキング外す前です。

ゲート跡が気になったところはガンダムマーカーの黒でリタッチしてます。

武器

Pスプレーガンはガンダムマーカーエアブラシでシルバーを吹きました。

シールドは全面グレーを吹いて黄色の部分はシールを貼ってます。本来は裏面も中心部はイエローですが塗り分けはオミットしました。

Uニッパージャベリンは「ガンダムマーカーシードセットのダークブルー」ニッパーの刃はシルバーです。

部分塗装完成

瞳もシールと侮るなかれって感じです。

写真だと口のピンクのはみ出しが気になります。

髪の毛は茶色も可能です。まつげの塗装も、もうひと頑張りといったところです。

髪と肌色部にブラウンのパーツはつや消し、黄色は半光沢、バイザーと胸のバンダイマーク、肩の赤い部分は光沢でクリアーコートしています。

ノーマルスーツの黄色い部分はスミ入れグレーでなぞってます。

シール貼ってからクリアコーティングすることで 、プラ部分と 艶を合わせてます。

艶の差をなくすことで、全体的になじませています。

アクション

一応Gマーカーサーベル持っています。

シールドの取り付け部は大きく稼働します。他のビルダーズパーツ付けても面白そうです。

ビルダーズパーツの「HGスカイハイウイングス」の小さいほうの羽付けてみました。エヴァ(量産機)か!はたまたアテナか!って感じです。

まとめ

今回は「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ」をシール+ガンダムマーカー塗装とクリアコートでレビューしました。

本格的な塗装にチャレンジするのもいいですが、瞳部分を中心に人ベースのキットはなかなかハードルが高い部分もあります。

そこで今回は、簡単ながらも仕上がりがアップする、部分塗装やシール部含めたコーティングを中心に作成してみました。

写真ではわかりずらい部分もありますが、肌色部分などは艶消しにすることで、かなり質感もアップしています。

ラッカー系の臭いを嗅ぐことなくても、ただの素組よりワンランクアップのダイバーナミが完成します。

最悪、ランドセルや武器の塗り分けはしなくても、十分いけると思います。

元のキットの良さもあるので、「きちんと塗ったりしないと、それなりかな~」と思っていた方も、自分のレベルで少し手を加えることで、満足度が上がると思います。

素組レビューはこちらです「Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーナミ レビューNo.008」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください