月刊モデルグラフィックス12月号一気読み

モデルグラフィックスの12月号を一気読みしていきます。今月はタミヤのMM50周年特集です。

祝!!タミヤ1/35 MMシリーズ50周年

巻頭特集は先月のホビージャパンに引き続き「祝!!タミヤ1/35 MMシリーズ50周年」となっています。

表紙から懐かしのプラモのモコちゃん登場で50周年をむかえたタミヤMMシリーズの大特集に花を添えてます。

全152ページ中40ページが巻頭特集となっており、相変わらずモデルグラフィックスの突き抜けぶりがうれしいです。

MMシリーズの発売以来からの年表に始まり、最新キットにフィギュア解説、ボックスアートのお話に各コラムと、50周年にふさわしいボリュームとなっています。

ガンプラ発売以前の時代はアオシマの合体シリーズはありましたが、プラモ好きはMMかWLかカーモデルのスケールモデルのどれかから選んで作っていたもんです。歴史があるんでアラフィフ世代含め潜在需要は結構高いと思ってます。(そんな私は艦船モデラーでしたが)

キャラクターモデル

ホビージャパンが特集外でもガンプラてんこ盛りだったのに比べ、モデグラは「PGガンダムエクシア」の作例のみ!この大勢に流されない潔さが好きです。プラモ好き=ガンプラ好きとは限らないですからね。

作例はモデグラなので当然電飾パーツもしっかり組み込まれてレビューされてます。実はPG作ったことないのですが(MKⅡティターンズがタンスの奥に…)、これ見てちょっと刺激されました。

もう一点はメガミデバイスの改造作例。このシリーズって公式ライセンスにのっとっていたら自作パーツの販売も許可されていることを初めて知りました。

これは意外と化ける市場になるかも…

キャラクター&AFVモデルとエアーモデル

ガルパンと「よみがえる空」のヘリコプターが紹介されてます。スマホゲーム「蒼焔の艦隊」の影の大和の作例もあります。

オートモデル

ホビージャパンのとはボディカラーの違う「ポルシェ935」、「三菱ギャランGTO」と懐かしいラインナップです。

シップモデル

ヤマシタホビー製の1/700「睦月」が紹介されてます。昔作った記憶の睦月より、ディティールが細かい印象です。

ニューカマー

先日の全日本ホビーショーのおさらいとなってます。本日受け付け開始の「V2アサルトバスター」がやはり気になります。「ガンイージ」も出てくるので、年末はVガン関連盛り上がりそうですね。

まとめ&来月の予告

MMシリーズの特集など、年に1回ぐらいは定期的にあってもいいですね。プラモ文化のすそ野広げるためにも、ガンプラ一辺倒にも少し危機感覚える今日この頃です。(ぜひ日本車が活躍してた頃のWRC特集もお願いします!)

今月はガンダム関連少ないので、ちょっと残念に思っている方には朗報!

来月の巻頭特集はなんと「ゲルググ」!!

これはかなり気になります。

以上、モデルグラフィックス12月号の一気読みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください