月刊ホビージャパン12月号一気読み

月刊ホビージャパン12月号の一気読みレビューです。

今月もサラーっと目を通していきたいと思います。

今月の表紙は初音ミク、巻頭特集になっています。

巻頭特集 フレームミュージック・ガール 初音ミク、行くよ♪

巻頭特集はフレームミュージック・ガールの初音ミク。

11月発売の新製品を初音ミクの歴史から声優さんのインタビュー、キット作例にステージのスクラッチ、開発工程に製作ガイド、色変えのカラバリ(雪ミク)まで、これ読めば今からでも初音ミクの世界に入っていける、魅力がギュッと詰まった力の入った特集になっています。

第2特集 3式機龍、出動!!

第2特集はアオシマから発売されたACKS MFS-3 3式機龍 わかりやすく言うとメカゴジラの特集です。

過去の開発ドキュメント振り返りながら最新キットを「塗装表現で魅せる」をテーマに作例が出ています。

実際に使用されているメカ感が再現されていて、シルバー塗装のいい手本になりそうです。

ガンダム関連

公開まで1か月ちょっとに迫った「ガンダムNT」中心の特集です。

1/144フェネクスデストロイモード、1/144シナンジュ・スタイン(ナラティブVer)、MGダブルオークアンタフルセイバー、MGエクシア改造のガンダムエクシアリペアⅣ(グラハムガンダム)、MGガンダムストームブリンガー、RE/10089式ベースジャバー、HGリーオー(宇宙仕様)、ビルドダイバーズからはキズナガンダム(SD)、1/144 AGE-2ダークハウンド、HGガンダムラブファントムにオリジナルの1/144ガンダムレギルス アミーと今月は新製品少な目かと思っていましたが盛沢山です。

さらにガンプラLOVEではガンダムMKⅢベースの「真駆参大将軍」、SDはクロスシルエットのダブルオーダイバーエースにザク改造の「サイコミュ高機動試験型ザク」(タコザク)となっています。

ユニコーンはこれでいったい何種類目だ!と思いながら、シナンジュは肉抜き部中心に結構加工されているけどなかなか良さそうです。今週末の発売が楽しみ。

ストームブリンガーは作例カッコいいので、買い逃したのを少し後悔。

ベースジャバーはコクピットをシールから自作してライト追加の加工。確かにこの改造は効果高いのです。時間があれば挑戦したいところです。(1/100でシールはないよな~)

連載の「ガンプラ簡単フィニッシュのススメ」ではMGギラドーガをもちいた冬季迷彩。これそのまま真似して作りたいと思える内容でした。MGだと失敗したとこにダメージ大きそうなんで、HGの手ごろなやつで練習、練習。

新製品関連亜は先のホビーショーで発表済みのものがほとんどでしたが、フィギュアライズスタンダードでダイバーアヤメがキット化!(発売日未定)と、ヤマトシリーズでお馴染み輝艦大全でホワイトベースが発売とのことでした(2019/3)

トイ関連ではG.F.F.M.Cでオリジン版のシャアザクが発表されてます。

キャラクター&スケール&フィギュア他

METAL ROBOT魂からコードギアスの「紅蓮聖八極式」羽が大きいが半透明できれいです。

フルメタルパニックのベリアルにヤマト2202バージョン、ゾイドにコトブキヤ関連メガミデバイスと続きます。

後ハメ加工の解説もあります。

スケールモデルはMMシリーズに航空機、艦船、クレマーポルシェ935となります。

特撮は「アレイド ウルトラマンシリーズ キーラ」、アートストームのプラキット「ボーンフリー号」(懐かしい)、SICのクウガなどなどとなっています。

巻頭特集も第2特集も外れてますが、ガンダム関連多いなーといた印象です。最近の新製品の発売スケジュールは少し前なら考えられないペースですね。

以上、駆け足ですが月間ホビージャパン12月号の一気読みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください