レビューNO:023

Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ-前編-

今回は『Figure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメ』のレビュー前編をお届けします。

Figure-rise ブランドとしてはダイバーナミに続く第二弾となっています。

今回は素組、シールなしの状態まで組上げていきます。

パッケージ&内容物紹介

パッケージはなんとなくオープニングのイメージです。

ランナー紹介

A1パーツ ダイバーナミ共有です。

A2パーツ パープル ダイバーナミ共有です。

A2パーツ ペールオレンジ ダイバーナミ共有です。

Bパーツ こちらは2枚付属してます。

C1パーツ 

C2パーツ

D1パーツ

D2パーツ

Eパーツ こちらも2枚付属してます。

Eパーツ

Gパーツ 本1組で足りるのですが、わざわざ2セット入っています。何に使えというのか!?

BA-Oパーツ 飾り台です。

瞳のホイルシールです。

こちらは水転写シールになります。アイラインあり、なしで2セットづつ付属してます。

各部組立

頭部

胴体

武器その他

余剰パーツ

素組完成

ギミック&可動

アクション

まとめ

今回は『Figure-rise ダイバーアヤメ』の素組までをレビューいたしました。まだ、瞳入れや部分塗装していませんが、前回のダイバーナミと比較して、更に可愛くなったように思えます。

マスクもあるため、顔の表情パーツも4種類と豊富で瞳パターンとも合わせると結構な選択肢になります。

瞳パーツも塗分ようにモールドのあるものと、シール用の平面な物がそれぞれ付属、シールもホイルシールと水転写シールと好みに合わせてチョイスできるようになっています。

さらに、水転写シールでは、アイラインが入っているものと、ないものも付属しており、自分の腕に合わせた仕上げ方法が容易に選べる内容となっています。

表情もほほの赤線部分は凹モールドになっていたりと、ダイバーナミからの進化点を多数確認することができる好キットとなっています。

本体も全身モデルと上半身のディスプレイモデルが選択式で組み立てられ、RX-零丸と同じディスプレイベースで飾ることも可能となっています。

せっかくここまで、気の利いた商品に仕上がっているのに、腰の物入れの接続部分は少しいただけませんでした。

可動に干渉しないようにとの配慮かと思いますが、両の脇腹に不必要な穴が開いてしまっている、状況です。

後編では(公開日未定)、部分塗装と瞳のシール貼り、場合によってはアイライン含めた塗装などで仕上げていきたいと思います。

キットのグッドポイント

  1. 瞳用に水転写デカールが付属
  2. 水転写デカールはアイラインありと無しが付属している
  3. 表情パーツが4種類と豊富

キットの残念ポイント

  1. 中途半端な余剰パーツ、全身モデルと上半身モデルが各1完結できるようになっていれば…
  2. 腰の小物入れの取り付け部分が不自然
  3. 設定どおりなのだろうけど、足裏が白いニンジャはありなのか?
  • 登場作品:ガンダムビルドダイバーズ
  • 型式:-
  • 名称:ダイバーアヤメ
  • リアルネーム:フジサワ アヤ
  • 所属:ビルドダイバーズ
  • 商品価格:¥2,592(税込)
  • 発売:2019年03月22日

瞳を入れた後編はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください