月刊モデルグラフィックス6月号一気読み

モデルグラフィックス6月号を一気読みしていきます。今月は年一ペースの模型と生活のお話、模型部屋を作ろう!2~塗装環境編~です。

作例も大切ですが、模型を作る環境も大事ということで、モデグラでは定期的にこういったアプローチの特集が組まれています。個人的には出来上がったキットの展示方法もそのうち特集してもらいたいと思っています。

おしゃれなインテリア雑誌か!?

巻頭特集『 模型部屋を作ろう!2~塗装環境編~ 』

巻頭特集は塗装環境を作ろう!です。子供のころならいざ知らず、大人になって模型作るうえで一番のネックは塗装でしょう。自分の部屋を持つこともそうですが、家の中で塗料の匂い対策なども考えるとなかなか難しい面があるのも確かです。

そんなお悩みを少しでも軽くすべく、今月は塗装ブースの比較を中心に部屋の作り方(これはお金もかかりますが)や、店舗として運営している模型製作スペースの紹介もあります。

キャラクターモデル

ガンプラはSDガンダムクロスシルエットからRX78-2ガンダムとなぜかページが結構飛んで「シスクード」、そしてマスターグレードからは「ドワッジ」!しかし、ドムからの変更点は多くは語られていません。

ガンタンクを使ったジオラマとマクロスからは1/72「VF-4 ライトニング」こちらはブルーのオリジナルカラー、メガミデバイスのブックエンド、ブロッカーズ フィオーレ”ヴィオラ”、ギャラクティカから「コロニアル・ラプター」(この色好きです)となってます。

新製品紹介ではやはり「RG νガンダム」、プレバンの「F90」あたりも気になります。

スケールモデル

トヨタプロボックスのニパ子仕様、1/35 T-15アルマータ、1/32屠龍(読めませんでした)フジミの1/700長門&陸奥とスケールモデルは今月少な目でした。

まとめ&来月の予告

塗装環境に関しては、我が家も悩み中の課題でした。タミヤのスプレーワークの初代を使用しているのですが、初代だと中のウレタンが一般店でおいていなかったり、上面のクリアーフードがボロボロになってなくなっていたりと機能低下が著しくどうしたものかと悩んでおりました。

今回の特集見て、とりあえずはがっつり掃除とメンテナンス、場合によってはクリアフードは塩ビ版で自作かなと思った次第であります。

塗装塗装というけれど、世間一般的なお父さんに許されるスペースやにおいも含めた環境考えると、塗装できる状況はありがたいと再認識です。素組を極めるのも全然ありですな。

来月号は「スタジオぬえのエスエフデザイン論。」、なんとスタジオぬえの特集!! クラッシャージョーのファイター1が出たタイミングでもあり、今しかない特集かも!さすがモデグラの切り口は思いもかけない方向からで大好きです。

以上、月刊モデルグラフィックス5月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください