月刊ホビージャパン7月号一気読み

月間ホビージャパン7月号(2019)の一気読みレビューです。

巻頭特集のガールズキャラクターミーティングで美少女×メカが表紙となっています。

巻頭特集 
第1回ガールズキャラクターミーティング全応募作品掲載

巻頭特集は「ガールズキャラクターミーティング」と題してHJが手掛けるプラモデルコンペの応募作品が一挙掲載されております。

最近ガンプラでもビルド系でフミナやナミやアヤメにサラといったあたりが発売されているので、このサイトでもレビューしておりますが、こちら方面もう一つの乗っかりきれておりません。

一昔し前より格段にキットの出来がよくなっている点には驚きと興味は引かれますが、そこから先にはもう一歩踏み出しておりませぬ。

ただ入賞作品はどれも素晴らしく、あーこんなにきれいに瞳が塗れればな~などと思ってしまいます。

ページは少ないですが撮影講座もリコーGRっていうのが、きになった。

第2特集 ドム!ドム!!ドム!!!HJプレゼンツ令和元年「ドム」祭り!

もう、タイトル通りであります。

プレバン限定の「MGドワッジ」発売に合わせた大特集!ドワッジの作例はもちろん、退色表現口座にMGドムとの徹底比較、HGキットのドムトローペンにリックドムⅡ、旧キットに初期設定デザインの「細いドム」とドムだらけ。

ここまでやるならドライセンも欲しっかったと思うのは私だけでしょうか?

ガンダム

ここも盛沢山、ディジェ(ナラティブVer.)使用したジオラマ(グスタフ・カール付き)にナラティブB装備対シナンジュスタインのコロニー内戦闘のジオラマ、セイラマスオ氏によるHGフェネクス&シナンジュ・リベンジャー(オリジナル)MGジェガン改造のD型(護衛隊仕様)、そして「MG Ex-Sガンダム」、関連でHGドーベン・ウルフ改造の「ガンダムMkⅤ」、そして発売前の「RG クロスボーンガンダムX1」に「HGデスティニーガンダム」、プレバン発売の「TR-1ヘイズル改」&「Gパーツ フルドド」ディジェ改造の「MSK-008SR ディジェ」にSDガンダムと結構ボリューミーです。

トイからは塗装&プリントマーキングの「スーパーガンダム」などが紹介されています。

キャラクターモデル

連載にのコードギアスにグレンダイザーINFINITISM、ヤマトからは主力戦艦(ドレッドノート級ね)、マックスファクトリーの「ブリザードガンナー」、サンライズ列伝はイデオンの「ジグ・マック」(実家に眠っているはず)、フレームアームズにULTRAMANの「エーススーツ」と続きます。(さらに美少女美少女も)。

ちょっとページ飛んで、G・ワークスのウルトラ怪獣、レッドキングにドラコ、アブソーバにツルク星人(子供のころの恐怖感がよみがえる…)、超獣バラバ、ゴジラにエビラも掲載されています。

スケールモデル

山田卓司さんの1/35FT-17 BC自由学園&タミヤM10 IIC、ドイツ重平貨車80tSsymsタイプ、Ⅳ号戦車G型後期生産型ヘリコプターのシャークマウス海上自衛隊のU-125Aにローゼンバウアーの消防車、そしてF1からはティレル021 1993日本グランプリ片山右京モデルといった感じ0号の記念号ということでオマケ冊子が付いています。

まとめ

MGドワッジにナラティブのBlu-ray発売も相まって、ガンプラ盛りだくさんな今月号、ガールズキャラクターも今後伸びてくると思われるので、もう少ししたらHJも2冊に分かれるときが来るかも(そういえば以前も損ことあったような…後で調べてみよう)

ますます多様化して、どんな新しいジャンルが出てくるか、最近は予想もつかないと、感じます。やはり一億総アーチスト時代の到来か!?

来月は定例企画の工具2019とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください