月刊モデルグラフィックス7月号一気読み

モデルグラフィックス7月号の一気読みです!家に届いて表紙を見たときは「あれ!?このほんたのんだっけ」とおもったんですが、よく見るとモデグラでした。

と、表紙からインパクトの大きいスタジオぬえ特集!では中も見ていきます。

色調がいつもとの違いを生み出している原因でしょうか?

巻頭特集『 スタジオぬえのエスエフデザイン論 』

巻頭~40Pまでの大特集!ハセガワから7月発売予定の「クラッシャージョウ ミネルバ」(全長295mm)から「ファイター1&2」の格納庫ディオラマ、さらに1/20の「アルフィン」とジョウ関連からスタート。

合間合間にぬえのお仕事として懐かしのデザイン設定画やカットイラスト集(マジンガーの右半分がメカのイラストなやつ)が入ったり、銀河英雄伝説から「ブリュンヒルト」、加藤直之氏、宮武一貴氏のインタビュー、宇宙の戦士のパワードスーツ、ゼロテスターの「テスター1」にオーガスとなっております。(バルキリーはなしよ)テスター1は懐かしい、分離させてみたい。

なかなかなぬえ特集、あれもこれもここが関わっていたのね、と再確認いたしました。

キャラクターモデル

1/100の「MG ガンダムデュナメス」結構べた褒めな内容、見てたら作りたくなりました。

HGからは「ジム・インターセプトカスタム」フェローブーススタースクラッチされています。やはりこれついてないとね~と思いますが、果たしてキット化されることはあるのか?

フィギュアライズLABOのフミナ先輩も掲載されています。

あとはULTORAMANから3体そろい踏みで掲載されています。結構気になっております。

グレンダイザー(INFINITISM)も電飾されての登場!

スケールモデル

タミヤの「1/72メッサーシュミットBf109 G-6」、おなじく「1/35 スカウトカー」、「1/48 16式機動戦闘車」、ピットロードの「1/700 迅鯨」、フジミの「1/700榛名」となっており、スケールキットは少し少な目です。

ニューカマー

今月は既存で発表されているものがほとんどで隠し玉はないですが、個人的にはド・ダイ改が気になるか。

スケールモデルでは「EP71スターレット ターボS」はるか昔にターボなしの黒&シルバーのツートンに乗ってたな~と郷愁

まとめ&来月の予告

スタジオぬえの大特集、ガンダムとはまた一味違うアニメにメカデザイン、ガンプラばかりではなく気分転換や新しい発見求めて作ってみるのもいいかもと思わされる特集でした。

ブリュンヒルトのいいキットが出れば欲しいです。(個人的にはヴァルバロッサの方が好きですが)

次号は「ガンダムテクノロジー AFTER UC.0100」と名言ってUC100年代の特集です。F91、クロスボーン、Vガンに閃光のハサウェイといった内容になりそうです。

以上、月刊モデルグラフィックス7月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください