月刊モデルグラフィックス10月号一気読み

モデルグラフィックス10月号です。

今月のモデルグラフィックスは 『フランカーってめんどくさい!』とロシアの戦闘機フランカーの特集です。

巻頭特集『 フランカーってめんどくさい! 』

ハセガワの1/72「Su-35Sフランカー」を題材に製作手順を細かく解説されております。パイロットフィギュアの塗装から、各パーツの処理方法、基本~迷彩までの塗装方法など、航空機だけにとどまらず、ガンプラなどでも応用できそうなテクニックが丁寧に解説されております。

航空機作るときにどうしても壁になりがちなキャノピーの塗装やエンジン部分の表現なども大変参考になります。

また、機体自体の解説も(なかなか複雑なシリーズ構成)もさすがモデグラといった内容になっております。

キャラクターモデル

LET’S TRY ビギナーズでは「ダイバーナミ」(瞳が少し怖い印象です)、そして「RGクロスボーンガンダムX1」の作例、マックスファクトリーの「ブリザードガンナー」、電飾大好きモデグラなら当然でてくる「1/500スターデストロイヤー(ライティングモデル)」、に2001年宇宙の旅の「ディスカバリー号」、そしてボークスのザ・バング!「クバルカン・ザ・バング」も載っております。

スケールモデル

HJ同様タミヤのトヨタ「TS050 HYBRID」モデグラはさらに1999年の「TS020」も併せて掲載されています。

AFVはⅣ号戦車使用したジオラマと、艦船は中国の「002型航空母艦」、海上自衛隊の「あさひ」などとなっております。

ニューカマー

ビルドダイバーズの新作が見開きで紹介されております。

まとめ&来月の予告

今月は航空機メインの1冊となっておりました。

私、最新機はあまり詳しくないですが(エリア88で止まってる)、作成解説はなかなか勉強になる内容でございました。

今月もガンプラ関連情報は少ないので、ガンプラ中心の方はHJの付録が一番かも。

来月はお待ちかねのRGM特集!しかしU.C.100以降とのこと、ガンイージ&ガンブラスタ以外最近のキットはございませんが、どうなることやら!?

以上、月刊モデルグラフィックス10月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください