レビューNO:番外編コラム

コラム 2022年ガンプラ関連かってに予想

新年あけましておめでとうございます!

旧年中は、つたないレビューを多くの方に見ていただき、大変ありがとうございました。

本年もみなさまのガンプラライフに少しでもお役に立てるよう運営してまいりますので、

当サイトをよろしくお願いいたします。

さて、個人的にはレビュー記事をより多く掲載するなどの目標はございますが、せっかくの新年なので、2022年のガンプラ業界予想を、あくまで個人的に行っていきたいと思います。

あたるも八卦、あたらぬも八卦 気楽に優しい気持ちでお読みいただければ幸いです。

市場のガンプラ不足が改善か!?

コロナ禍以降、転売問題なども重なり、市場からガンプラが消える異常事態が継続中です。

以前、このサイトで「MGが店頭で買えない」と言った趣旨の文章書きましたが(2019年)、MGどころかHGも店頭から姿を消して早数か月… 最後の砦「ガンダムベース」ですら、毎週土曜日は朝から長蛇の列で、始発か徹夜かといった40年前のガンプラブームを思い起こさせる状況です。

欲しいガンプラはオークションサイトかフリマサイトで定価の数倍の値段で取引され、地方の販売店には入荷すらないといったことも日常と化しております。

しかし、おそらくこの状況はあと数カ月で、快方に進むと読んでます。

2019~2020年にかけては、原因は不明なままですが、全体的に再販商品の点数が少ない期間が続いていました。

結果、店頭在庫が少な目になっていたところに、コロナショックで皆が買いだしたらあっという間に在庫切れを起こしていたように思えます。

今月のホビージャパン別冊「ガンプラアーカイブ2021-2022」内のインタビュー記事(BANDAI SPIRITSの統括さん)読む限り、新工場含めバリバリ稼働中、再販の生産はおおよそ半年前に計画が必要、今の店頭の状況は認識して改善したいなどなどの回答と、DMM通販のこの先6か月の再販情報見ると相当数の再販が見込めるかなと。

「MGリックディアス」など、6月までに計画されていないキットもありますが、久々の「MGガンキャノン」などは3月と4月の2カ月連続で予定されていたり、「HGギャプラン」も3月と5月に予定されていたりと、今までのようにガンダムタイプばっかりといった内容からは格段に良くなっています。

まあ、2か月ぐらいじゃ解消はされないキットもたくさんあると思いますが、今のような定価の数倍で取引される事は減ると思います。

また、個人的な感覚ですが、ガンダムベースでの購入制限が行われてからは、ベースでのゲリラ再販関連商品(リックドムⅡグリーンやシュツルムディアスなど)のフリマサイトでの出品も思ったほど多くないなと感じております。

おそらく、本当に欲しいと思っている人の割合が、思いのほか高いのではと推測してます。

逆に店頭再販商品は今のところ規制がほとんどないせいで、乱れまくっておりますが、再販繰り返すことにより、手に入る確率も上がり、「あるなら今買わなきゃ」の脅迫観念がちょっとした心理的な影響で、好転するポイントが、今年の前半にはくるのではと。

ある程度いきわたれば、ガンプラファンの分母が何かの原因で飛躍的に増えない限り、購入スピードも鈍化するはずですし、とにかく今後の再販予定に注目しております。

勝手に今年の新製品予想

ここからは、再販ではなく新製品予想してみたいと思います。

固いところでは「HGACシェンロンガンダム(TV版)」、TV版の5機中4機まできてますし、ビルド系でジーエンアルトロンもあるんで、今年中には5台揃うかと。あと、場合によってはプレバンでTV版デスサイズヘル(ガンダムリヴランスヘブンで設計は完了済み?)とアルトロンもHGACで期待できるかも。

夏に公開を控えるORIGIN版「ククルスドアンの島」に合わせて、プレバンのORIGINキット一斉再販&ひょっとしたらMGで「ザク ククルス・ドアン仕様」なんてのも期待しちゃいます。ORIGINのMGはガンダムだけなんで、ザクを発売するタイミングはここしかないじゃないかと(少なくてもHGでは出そうな)。

あとはMGドムがリニューアルされるので、プレバンでMGシャア専用リックドム、またはドズル専用リックドムのどちらか、昨年のインタビューで「センチネルシリーズ完結めざして」みたいな発言があった(はず)ので、MGゼータプラスのリニューアル辺りは気になる所。

個人的にはジムⅢのMGをずっと待ってるんですがね~

RGは前半発売が「Gガンダム」だったんで、後半は宇宙世紀ものと予想、大型キットならダブルゼータかと思いますが、まだ変形機構クリアするのに時間かかる気もするんで、ここは「ゲルググ」と読む!(または百式)。なんだかんだでシャアの登場機体は人気ありますし、ゲルググならバリエーション展開もたくさん期待できるので。

また、Gガンダムに合わせてHGは再販されるようなのですが、新商品にも期待しちゃいます。ガンダムマックスター、ローズ、ボルト、ドラゴンあたりから1機キット化してほしいところ。本命ローズ、対抗マックスターといったところかな。

映画化発表から続報のないSEED関連は2023年かな?アルトロンがでれば、W系は一段落つくんで、初期GATシリーズのHGCE化とMGストフリの2.0は期待したいところです。フォビドゥンは1年後だろなー。

あとはHGかMGか、はたまたFMかは不明ですが、福岡立像Ver.のνガンダムも何かしら出てくるのは固いと思われます。

また、新TVシリーズ「水星の魔女」の影響もあると思うので、既存作品からのキット化は少な目かもしれませんね。

そんなこんなで、希望的観測も含めて予想まとめ

MG

  • シャア専用リックドム(またはドズル専用)リニューアル版
  • ザク(ORIGIN版)
  • ストライクフリーダム2.0
  • ゼータプラス2.0(または1.5)
  • ジムⅢ

HG

  • シェンロンガンダム
  • ガンダムデスサイズヘル
  • ガンダムローズ
  • ガンダムエルオーブースター
  • イージスガンダム

RG、他

  • RGゲルググ
  • FM(?)νガンダム Ver.FUKUOKA

ま、何が出るか考えるのも楽しみの一つということで。

あたらめて、本年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください