月刊モデルグラフィックス2月号一気読み

モデルグラフィックス2月号を一気読みしていきます。今月はフィルタリング(?)の特集です!

やさしく入門フィルタリング

巻頭特集はフィルタリング入門です。

正直、私この特集見るまでフィルタリング知りませんでした。

かんたんに説明しますと、基本塗装の上に希釈した塗料を重ね塗りする工法になります。

効果としては単色塗装のキットに淡い変化や陰影を付けて立体感を出したり、コントラストの違う色どうしを調和してなじませる効果などがあげられています。

Mr.ウエザリングカラーを主に使用して、AFV、美少女プラモ、航空機、美術史をはさんでフィルター塗装の提唱者、ミグ・ヒメネス氏が語るフィルター塗装にHGBD GBN-ベースガンダムの作例とつながってます。

塗装方法やカラーの選び方などもモデグラらしくしっかり解説されており、読み応え十分で、さっそくウエザリングカラー買いたくなる感じです。

先日レビューした「モビルドールサラ」にバイオレットとブルーを使ってみたい衝動にかられました。

最近は全塗装から簡単フィニッシュに時代の移り変わりを感じているので、この先とても重宝しそうな特集でした。

キャラクターモデル

ひそねとまそたん(スケールモデルではないのか!?)と「ボーダーブレイク」、スミマセンどちらも多く語れません。

LET’S TRY ビギナーズでは旧キットの「デナンゾン」が遂に完成!発光ギミック含めカッコいいです。

F91公開当時はあまり惹かれるMSではありませんでしたが、最近ゴーグルタイプが気になるお年頃になりました。

後はHGUCの新作「ディジェ」頭部デザインが懐かしい感じです。

HGの「ヘビーガンダム」(黒)の作例も紹介されています。力強さを強調した改造になっています。

我が家二も白黒2台ある積みプラも作りたくなっております。

ダースベーダーの最後のシーンを再現したジオラマもありです。

AFVモデルとエアーモデル

最近何故か目に付くタイガーⅡの派生機「サーケイ」、エリア88のタイガーシャークが好きだったな~

AFVはアメリカ空挺戦車 M551 シェリダン(タミヤ)です。

オートモデル&シップモデル

グループBのアウディスポーツクワットロ!今となってはあり得ないほどのチューニングを施していた当時のグループBマシンは今見てもカッコいいです。(不幸な事故もありましたが)

艦船はピットロードの最新護衛艦「あさひ」1/700の作例が掲載と世界の舩窓WLは愛国丸

ニューカマー

ガンブラスターはプレバンか~、予想してたとはいえ少し残念。とくに複数台数揃えたいキットは一般発売がうれしいのにな~と。

あとはついに出ましたジムキャノンの赤頭! 緑のジムⅡはまだか!

まとめ&来月の予告

フィルタリング、時間つくってぜひ挑戦してみたいです。

最近のバンダイ美少女系にもガンプラメカにも応用かなりできそうです。

来月は「荒野のコトブキ飛行隊」特集なのはいいんですが、1/72の隼一型キットが付属で、本体定価がなんと3500円!!!!

おまけ付き雑誌はいいんですが、ちょっと高すぎやしませんか!

普段が800円そこそこ何だから4倍以上!それは既に付録の域を超えています。

キット付きは限定にして、付録なしの通常版も出してほしいですよ。

今の俺には隼作成の優先順位はかな~り低いんだよな。

以上、モデルグラフィックス2月号の一気読みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください