月刊モデルグラフィックス2月号(2020年)一気読み

モデルグラフィックス2020年の2月号一気読みです。

今月はモデグラの18番『もっと!電飾のススメ 2020』です。

巻頭特集『もっと!電飾のススメ 2020』

モデグラで過去にも電飾特集ありましたが、発光用のパーツも充実してきたということで、3度目の特集となっております。

スターウォーズやヤマトなどの艦船系にとどまらず、メガミデバイス(間違ってたらすみません)にMS、など、モノアイだけではなくビーム刃、ライフル、バーニアなどガンガン光らせてます。

個人的に電飾は結構好きなのですが(ガンプラLRDユニットが使えるキットは全て仕込んでます)、ただ実際光らせることってほとんどないんですよね。

バンダイのユニット組むぐらいの手間なら問題ないんですが、自前でLED買ってきてキットに組こんでの手間かけても、実際点灯させることってほぼないというのが悩みどころです。

完成したキットの最終的な媒体によって左右されると思います。

プラモバーとか、プラモカフェみたいなところで常設展示されるとか、きっちり撮影した写真を印刷媒体やWebページで使用するといった、キットの使用方法によっては絶大な威力を発揮する技術だと思います。

残念ながら自宅の棚に並べているだけでは、宝の持ち腐れになってしまうと考えております。

キャラクターモデル

HGから「セカンドV」「ガンダム6号機マドロック(&7号機) 」 、RE/100「ザクⅡ改」と今月はガンダム3記事です。

魔神英雄伝ワタルから「龍王丸&邪虎丸」、フィギュアライズの「初音ミクV4X」(9ページ!)といった内容になっています。

スケールモデル

この世界の片隅にから、ピットロードの1/700「大和」、艦これでフジミの「隼鷹」(小ぶりなところが結構好きな空母)。

カーモデルはイタレリの1/12「フィアットアバルト695ss「」と女の子(イメージはカリオストロの城)、ピットロードの1/72「F-14D」、ファインモールドの「十二式艦戦&零式一一型」、AFVはズベズタ1/35「T-34/76」といったラインアップです。

ニューカマー

今月は新たな発表がほとんどなくといった印象でした。

まとめ&来月の予告

私個人は電飾に興味はあれど、費用対効果(時間も)と製作後の活かし方の問題で、ユニットがある物以外は手を出してはおりませんが、うまく生かせる発表先があれば効果絶大な技法かと思っております。

電飾挑戦考えている方にはオススメの1冊です。

来月は、先日ミッドウェーの海底で発見されたとのニュースに驚いた、赤城と加賀!艦船枠です。

以上、月刊モデルグラフィックス2月でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください