レビューNO:040

MG リ・ガズィ(ユニコーンVer.)レビュー

今回はMG リ・ガズィ(ユニコーンVer.)をレビューしてまいります。

UC版の渋めなカラーリングもいいのですが、やっぱりなじみのある「逆襲のシャア」仕様のカラーリングで外装は塗装して仕上げていきます。

はっきり言って、このキットの発売がアナウンスされるまで、ユニコーン本編にリ・ガズィが出ていることを全く知りませんでした。手持ちのガンダムユニコーン設定資料集にも記載されていませんでしたし、登場シーンも1秒前後と予備知識なしで気が付くのは至難の業だったかと。

UC版のレビューはあちこちで行われているともいますので、逆シャア版Ver.1.5といった完成を目指します。

作業工程は、パーツ切り出し、外装部を全塗装→スミ入れ→クリアコート、フレームはつや消しクリア、合わせ消しは最小限、デカールは状況見てといった内容で製作してまいります。

パッケージ&内容物紹介

パッケージはボディカラーをイメージした紫がかったブルーです。

側面はいつも通り注意事項と製品番号などです。

取説は専用の物になっています。表紙はパッケージの完成写真、イラストではなくキットベースの加工写真です。

背表紙以外の中面はモノクロで機体解説などもないため、この機体が逆襲のシャアでアムロが使用したものを修理したのか、別機体なのかといったことも謎のままです。

ランナー紹介

ベースのリ・ガズィのランナーに先行販売されていましたリ・ガズィカスタムと今回オリジナルになるランナー構成です。素材は全てPS素材となっています。

Aパーツ イロプラ  リ・ガズィ 共通 ライフルは余剰になります。

B1・B2パーツ ブルー BWSになります。

Cパーツ ライトグレー 旧MG共通 胴体や頭部は余剰パーツになります。

Dパーツ  ブルー  胸部、シールドは使用しません。

Eパーツ  ライトグレー  脚部の外装中心です。

Fパーツ グレー 2枚付属 脚部のフレームです。2枚入っています。

Gパーツ  グレー  胴体やバックパックのフレーム部になります。

H1パーツ パープル 今回はこのランナーは全て赤に塗装される予定です。

H2パーツ  ブルー  変形時の台座です。

Iパーツ  ライトグレー  シールドと機首になります。

Jパーツ  ブルー  足首周りです。

Kパーツ  グレー  旧MGから変更のない脚部のフレーム

Lパーツ  ライトグレー  主翼です。

Mパーツ クリアーイエロー サーベルのビーム刃です。

MPパーツ グレー 追加されたハンドパーツになります。

XAパーツ イロプラ 頭に「X」ついたパーツが新規パーツになります。新規のライフルとクリアパーツです。

XBパーツ グレー 表示はリ・ガズィですが、リ・ガズィカスタムと共通です。

XCパーツ グレー リ・ガズィカスタムの同パーツから部分使用です。2枚入っています。

XDパーツ  ライトグレー  新設された頭部や腹部です。

XEパーツ ライトグレー こちらもUC版用の新規パーツです。

XFパーツ ブルー こちらもリ・ガズィカスタムからの部分使用です。

PC-122パーツ ポリキャップになります。

ベースキットの古さを感じさせられるビスです。

ホイルシールです。眼とセンサー部になります。色分け用のシールは無しです。

水転写デカールです。新規デザインです。

各部組立

頭部

今回の目玉の一つ頭部です。この時点ですべて塗装済みです。

塗装の詳細はまとめの項目で説明いたしますが、目とカメラはガンダムマーカーの蛍光グリーン使用しています。目の周りはタミヤのエナメルブラックです。

頭部バルカン部分も色分けされています。

余剰パーツで組むことができる、旧頭部との比較です。幅も高さもスリムになりました。

パーツ分割も見直され側面に出来ていた合せ目も無くなっています。

後頭部カメラ部分は大きく変更されています。

胸部

胸部のベースはリ・ガズィカスタムと共通です。外装が新規となっています。

水色部分の下から二つ目のブロックの真ん中の合せ目にすき間ができるのが気になります。背中にたくさん穴が開いていますが、リ・ガズィカスタム共通化のためで、実際に使用するのは2カ所です。

こちらも余剰パーツで組むことができる、旧MGの胸部との比較です。胸部ダクトやコクピットハッチの位置でもわかるように、全体的にバストアップされており、形状の見直しが大きく行われています。

ランドセル

ランドセルは旧キットと共通です。サーベルラックの機構が少し複雑です。

腕部

上もマニュピレーター以外は旧キットと一緒になっています。指は親指だけ可動であとの4本は固定差し替えです。

腰部

腰も旧キットと共通です。

足首

足首も共通部分になっています。

脚部

脚部は付け根部分に関節が増設されています。リ・ガズィカスタムと同じ構造になっています。

太もも部分の外装は新規パーツとなっています。全体的に細くて長い印象です。

武装

ライフルは新規パーツとなっています(比較わすれてた)。ライフル用のハンドパーツが付いています。グリップの正面側にダボ穴があるタイプになっています。

B.W.S

B.W.Sは変更ありません。翼の前の黄色いダクトパーツが緩いので接着しました。

その他

B.W.S合体用のパーツと置台、立ち姿のパイロットフィギュアです。

塗装済み完成

各部塗装、スミ入れ後に組上げた状態です。塗装だけで逆襲のシャア版Ver.1.5 にすることができます。

ギミック&可動

首は前後に大きく動かすことができます。

肘はしっかり折りたためます。

胴体側の関節の可動範囲が広いので、大きく腕を上げることが可能です。

引き出しも出来ますが、あまり可動範囲は大きくありません。

腰も新設されたブロックの恩恵で前後左右に可動が出来るようになりました。

膝は良く曲がります、足首もそれなりに可動範囲が広いです。

腕のグレネードのふたが開いて弾倉が前にスライドします。ふた部分はもうちょっと開いてほしい感じです。

本体側のパーツが変更になっているせいか、サーベルラックのふたを開けるとき ボディと干渉します。既に塗装がはがれ気味…

ランドセル側面の小翼が開閉します、背中のスタビはゼータタイプのお約束。

腰のグレネードもスライドして発射形態になりますが、一度本体から外す必要があります。

アクション

ライフルリニューアルされましたが、構えずらさは相変わらずです。

B.W.S

変形手順の動画です。なかなかカチッとは出来ておりません。変形時に頭部のアンテナ折はしないかと、かなりヒヤヒヤしました。

おそらくもう二度とB.W.S形態にすることは無いと思います。

段落撮影後に各部調整してきっちりできました。

スタビ立て忘れておりました

横から見ると厚みが気になります。この角度では見ちゃいけませんね。

比較

リ・ガズィカスタムとの比較です。骨格は同じパーツ使用しておりますので、全高は変わらずです。

カスタムは背中が重いです。

まとめ

「MG リ・ガズィ(ユニコーンVer.)」のレビューを行いました。といっても、出来上がりは「逆襲のシャアVer」となっております。

キットの内容としては、リ・ガズィカスタムで肩や脚部、腹部の関節を増設したフレーム使用して、頭部や胸部パーツをリニューアルして元々のリ・ガズィの形状を再現した内容となっておりました。

頭部の小型化や、胸部の形状変更で見た目はかなりかっこよくなり、新造された関節部のおかげでポージングの幅も広がり、20年前のキットが令和でも見劣りすることのないMGとなって蘇っております。

今後、素組でもこのカラーリングで完成させることができる、逆襲のシャア版Ver.1.5がどういった方法で販売されるのか、または販売されないのかは気になる所です。

リ・ガズィはまだ色の塗り替えだけで再現可能でしたが、MGドワッジからのドムや、HGビルドガンマガンダムからのHGリックディアスなど、お金と時間かけてニコイチ+小改造で再現しなければならないのか、または何らかの形でVer.1.5として販売されるのか、今後の展開や発表を見守っていきたいと思います。

あと、やはりB.W.Sはデカい!、そして合体させることはもうないかも&飾りもしないかも… 

もし一般でもプレバンでも逆襲のシャア版1.5が発売されるのならば、B.W.Sなしでも問題ないかもと思います。果たしてリ・ガズィ購入した人の何%が作成後にB.W.S使用しているかといったら、3%以下と予想します。

塗装に関して

どうせ塗装して作るならということで、なじみのないユニコーン版ではなく、逆襲のシャア版カラーで塗装いたしましたが、塗り分けパターンも全く同じだったため、ランナーの色ごとに塗装しなおすだけで、良く知ったアムロ大尉のリ・ガズィとなりました。

今までかたくなに、クレオスのMrカラーばかり使用しておりましたが、今回は初めてガイアノーツカラーを本体の水色と青、武器、バーニアのグレーの部分に使用しております。

店頭で見ててかなり近い色味だなと思い使ってみましたが、ほぼイメージ通りでした。

水色部分はボトムズカラーの「ライトブルー」、青の部分は同じくボトムズカラーの「ネービーブルー」を使用しています。説明見たところ、ボトムズ用ですがサンライズ監修とのこと。ガンダムで使用されててもおかしくないと思われイメージに近く仕上がったのも納得です。

武器とバーニア部のグレーは「ニュートラルグレーⅣ」を使用、赤はミスターカラーのモンザレッド+黒少量、イエローはストックがまだあるガンダムカラーのイエロー2、関節部は缶スプレーのつや消しクリア(UV CUT)です。バーニア中央部などはタミヤのエナメルブラック使用してます。

ガイアノーツ使用して驚いたのは、その隠ぺい力の強さです、結構感動ものでした。工程的にも結構短縮できたかと思います。今後も積極使用していきたいと思いました。こんないいいなら「早く言ってよ~」って感じです(みんな言ってたって)。

キットのグッドポイント

  1. カッコよくなった頭部、やっと納得いくリ・ガズィの顔を手に入れたか!?
  2. 顔だけにと止まらず、胸部にライフルなど気になる部分も手抜かりなく新造
  3. 良く動く腕の付け根

キットの残念ポイント

  1. リニューアルしきれなかった足首と脚の付け根のボールジョイント型ポリキャップ(将来的に緩みそう)
  2. 変形機構があるためか、足首の接地感がいまいち
  3. リニューアルされても構えが決まらないビームライフル(元々のデザインの問題ですが)
  • 登場作品:機動戦士ガンダムユニコーン
  • 型式:RGZ-91
  • 名称:リ・ガズィ
  • 搭乗者:アムロ・レイ、ケーラ・スウ
  • 所属:地球連邦軍ロンドベル隊
  • 商品価格:5830円(税込み)
  • 発売:2019年12月
  • 積みプラ解消: -12.5cm(パッケージの高さのみで算出)

1 thought on “MG リ・ガズィ(ユニコーンVer.)レビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください